2014年02月23日

Girl Fight (1)

北米PSNで配信中の3D格闘ゲーム、Girl Fightをプレイしてみました。
直球ど真ん中なネーミングの通り、キャラは全員女性の、まー明らかにエロ需要狙いの作品です。
このジャンルではすでに競合するビッグタイトルとしてDead or Alive 5(DOA5)が出ていたわけですが、それと比べると正直かなり見劣りします。というか、PVを見たり体験版をやるだけで明らかに地雷と分かるゲームです。
ですが、最近北米アカウントで買うものもないので、ネタのつもりで$9.99払ってみました。このタイトルの日本語レビューも見たことないしね!
余談ですが北米PSNのWalletに残金があって使わないでいると、6か月ごとに「あんた最近お金使ってねーからPSN+入らね?」というメッセージが来るよーですね。めったにお金を落とさないライト層にPSN+って、どーなんでしょ?

さて、続きはゲームの解説とネタばれ込みのプレイ記となります。今回は珍しく性的な視点での感想はナシですのでその手のがお嫌いな方もご安心ください。その反動で次回が酷そう……。


read more
posted by ひろし at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

Skullgirls Encore 雑感

北米PSNにて先週リリースされました格ゲー、Skullgirls Encoreをプレイしました。
これは過去に発売されたSkullgirlsのマイナーバージョンアップ版で、発売元が変わったのと、ようやく第1弾のDLCキャラが追加されたことでタイトルを変えて出たようですね。日本版はまだのようです。
他にもいろいろな変更点があるようですが、まぁまずはやってみましょう。

続きはネタバレ込みのプレイ記です。ネタバレしてもかまわない人だけお読み下さい。


read more
posted by ひろし at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月10日

テラリア (1)

先週PS Vita版の日本語版が発売されました2DアクションADV、テラリアをプレイし始めました。
結構前に全世界で大ヒットしているゲーム、マインクラフトの2D版みたいなもん、という紹介を見て前々からやりたいなーと思っていたゲームです。
2Dな分マインクラフトよりも取っつきやすそうだし、出遅れ感もちょっぴり少ないですし。それと、やっぱり最近は携帯機しか触れないので。

と言うわけで、続きはネタばれ込みのプレイ記となります。ちょっと触ってみた程度なので大したバレもないのですが、念のため。



続きを読む
posted by ひろし at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

Ys セルセタの樹海 Ver.1.02 雑感

Ys セルセタの樹海がちょっと前にPSVita TVの発売を受けてアップデートし、タッチパネルなしでも遊べるようになったという話を聞いて、久々に遊びたくなったので再プレイしました。
閃の軌跡のアップデートで培った技術なのか、動作が軽量化されたという話もありましたので。
そのままプレイするもの面白くないので、せっかくなのでプレイに軽く縛りを入れることに。引き継ぎなしのナイトメア難度、能力上昇アイテム禁止、極力アドルを使わないというルールです。

さて、続きはネタばれ込みのプレイ記です。ストーリーに言及はしませんが、ゲームの流れとかボスとか分かってしまいすので未プレイの方はご注意ください。


続きを読む
posted by ひろし at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

閃の軌跡 (8)

閃の軌跡、プレイ記の第8回です。
ファンタジーものの女性キャラが男顔負けの活躍をすることは古今東西あらゆるところで見られる表現ですが、軌跡シリーズは特に女性キャラが能力的に優遇されているという印象を個人的に持っています。今作でも最大攻撃力・最大魔力・最速キャラは全員女子ということで、あー相変わらずだなと思ったわけです。
で、2周目プレイ中にふと思ったのですが、作中で「女性が強い」ことが疑問を持たれたり反発されたりするシーンが全然無いんですよね。たとえば主人公たちの能力が疑問視される事もありますが、それは学生という年齢の若さが理由であり、女子の存在に文句を言われた訳ではありませんでした。
かろうじて我らが大貴族の息子・パトリックさんが「女子には手を挙げない」的な言い訳事を言っていましたが、それは貴族の矜恃的な意味合いで、決して能力差を問題にしたものではありませんでした。

これで思ったのですが実はゼムリア大陸に住んでいる人種は、そもそも男女で身体能力差が無いのではないでしょうか? それなら色々と納得いきます。
こうなるとこれまでのシリーズを再プレイして、女性蔑視的な発言をしがちな属性のキャラ(空のアガットの子分とか、零のバイパーズとか)の台詞を中心に検証してみたくなりますが、いかんせん時間がとれないのでパス。
誰か熱心なファンの人、確認してみてくれないかなー。(なげやり)

さて、続きはネタバレ込みのプレイ記です。今回は2周目の内容になります。


続きを読む
ラベル:閃の軌跡 PSV RPG
posted by ひろし at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月22日

Life of Pixel Ver1.1 雑感

以前プレイしたPlaystation Mobileで配信されているアクションゲーム、Life of Pixelをもう一度プレイしてみました。
私が遊んだのは初期版で、プレイ後にバージョンアップが出ている事を教えて頂いたのですが、その後全然プレイしていなかったんですよね。バージョンアップ後にクリア履歴が消えていたので再プレイのモチベーションが下がったというのもありますが。
この度、前記事に頂いたコメントがきっかけで一通り再プレイしてみたところ、かなり感覚が変わっていたのでまたプレイ記を書きたいと思います。

まぁネタバレも糞もないゲームですが、一応続きは折りたたみと言う事で。


続きを読む
posted by ひろし at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

閃の軌跡 (7)

英雄伝説 閃の軌跡、プレイ記の第7回です。
なんか間が空いてしまいましたが、今回で一区切りと言うことで総評に行きたいと思います。
まず何よりも、ロードの読み込み時間が長すぎたのが非常に駄目なゲームでした。ゲームプレイに余計な時間がかかるだけでも大問題ですが、ストーリーを盛り上げるための演出をことごとく台無しにした点がストーリー重視のRPGとして致命的です。発売から1ヶ月以上経ち今もパッチで解消されつつありますが、Ver. 1.00〜1.01は販売しちゃいけないレベルの不出来だったと思います。
それを無視すれば(できれば)、良いゲームなんじゃないかと思います。軌跡シリーズ全体としてのストーリーの進展こそ少なかった気がしますが、割とマンネリ化してきたパターンを打ち破る試みが色々見られたのが個人的に高評価です。同じ導入編だった零の軌跡とはうって変わってストーリーを楽しめました。
画面も3D化は、景色や構造物がより綺麗になった点が良かったです。キャラクタに関しては、表情による表現が丁寧に作られていて素晴らしかったと思いました。

あまり良くなかった点は、まずはメインキャラがあまり魅力的でなかった、彼らを魅せるようなシナリオが用意されていなかった事ですね。やはり9人+αは多すぎだったと思います。前作零や碧は少人数だからキャラが立っていましたし。
主人公リィン君は前作主人公ロイドと人格・役割共にほぼ同じですし、他のキャラも良くあるキャラ作りという感じで、生き生きとした活躍が描けているとは言えません。特にユーシス・ラウラなど口調が特徴的なキャラやガイウスのように口癖を持ったキャラは、それを言わせときゃキャラが立つだろみたいな投げやり感を節々に感じました。
そういう意味では、シナリオよりもテキストの問題が大きいのかも知れませんね。まぁ軌跡シリーズは毎回そんな感じですが、何とか改善して貰いたいものです。特に定型文(「それって……」とか)の濫用と、その場のメンバー全員に一言ずつ喋らせるのをそろそろ止めて頂きたい。切実に。
シナリオ・テキスト関連以外では、カメラの操作性に難があるというか視界に制限が大きすぎることが嫌でした。いやパンツが見たいとかそう言うのじゃなくて、せっかく良い感じの建物や自然が用意されているのに、上の方は全然見られなかったりして結構ストレスだったのです。主観視点とかにすればエロ転用されることもないし、この辺はどうにか工夫して欲しかったですね。

お気に入りのキャラは……難しいところですが、性能面ではリィン・ガイウスミリアムを挙げます。今作はアーツの見せ場が中盤以降の雑魚戦しかなかったので、性能面ではどうしても物理攻撃キャラに偏ります。それぞれ遅延・回避カウンター・全体Sクラフトで活躍しました。
キャラ的なところではアリサユーシスですかね。いや金髪好きとかでなく。アリサはなんだかんだでヒロインしてましたし、ユーシスは正統派の2枚目スタイルが良かったです。できればユーシスかマキアスにサブリーダー的な活躍があればもっと良かったんですが。
まぁ、メインキャラに関しては続編での掘り下げと活躍に期待しましょう。次の軌跡が何年後か分かりませんが、楽しみに待っています。

さて、続きはネタバレ込みのプレイ記になります。2周目……に行く前に、1周目のやり直しとかVer. 1.02の感想とかです。


続きを読む
ラベル:閃の軌跡 PSV RPG
posted by ひろし at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

閃の軌跡 (6)

閃の軌跡、プレイ記の続きです。
今作、アーツやSクラフトの時間が短くて良いですね。
前作は確か幻属性の最強アーツが数十秒くらいかかっていましたが、今回は長くても10秒程度で終わります。ロードに待つ事を鍛えられている感も否めませんが。
Sクラフトはアーツに比べると長めですが、こちらも今までほど動作がクドくないので良い感じです。特に剣士系の3連撃はテンポが良くて○。中でもユーシスは「クル・セイバー!」の台詞と攻撃がシンクロしていて一番気に入りました。補助クラフトが強いので出番が無いのが難点ですが。
逆にかっこわるいと思うSクラフト演出は、ヒットした後に画面手前側で決め台詞をいう系統ですね。後は、武器が意味不明の変形(ガーちゃんはセーフ)をする奴とか。その両方を兼ね備えるエリオットの技はちとダサすぎるので封印指定です。


さて、続きはネタバレ込みのプレイ記になります。今回は終章、エンディングまでの致命的なネタバレを含みますので未プレイの方はご遠慮下さい。ちなみにプレイしたのはVer 1.01です。


続きを読む
ラベル:PSV RPG 閃の軌跡
posted by ひろし at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

閃の軌跡 (5)

英雄伝説 閃の軌跡、プレイ記第5回です。
前にも書きましたが、このゲームの構成は(軽いネタバレですが)土曜夕方 → 日曜(自由行動・旧校舎探索) → 水曜(実技演習) → 土曜〜(特別実習) という形で1章が構成されているんですよね。
ところが、特別実習の朝の会話で自由行動日や実技演習の内容が「昨日は〜」となっているところがちょくちょく見られます。最初は凡ミスかと思ったのですが、それにしては色々なところでチラホラ出てきます。
憶測ですが、これは開発段階では自由行動と特別実習が連続して設定されていたんじゃないでしょうか。でもスケジュールが過密過ぎたんで、後から1週間空けるように変更して、幾つかのテキストが取り残されたんじゃないかという感があります。
こういうテキストのミスは簡単に分かりそうなものですが、これだけ取り残されているとなると開発スケジュールが結構押してたのかなーとかも思っちゃいます。ロード時間なんて、実機テストプレイをフィードバックする時間があれば最優先で対処しただろう問題ですしね。
まぁ、次のパッチ(1.02)が11月上旬らしいのでその辺で直されるのでしょう。処理落ちによるコマ飛びにも辟易してきているので、改善には期待しています。

さて、続きはネタバレ込みのプレイ記です。今回はそろそろ後半戦、第5章と第6章の内容になります。シリーズ前作のネタバレもありますのでご注意ください。


続きを読む
ラベル:閃の軌跡 PSV RPG
posted by ひろし at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月18日

閃の軌跡 (4)

閃の軌跡プレイ記の第4回です。
今作、マスタークオーツ(MQ)がほとんど手に入らないなーと思いつつプレイしていたのですが、実は工房で普通に売っていることに第3章に後半になってから気付きました。
前作じゃ結構入手条件が厳しめで1個ずつしか持てない重要アイテム的な位置づけだったのに、まさかこんな扱いになっているとは。ウカツ!
まぁ、メンバー全員が自分の特長をさらに伸ばすようなMQを最初から装備しているので特に不便はないんですけどね。店売りのMQは今のところステータスの伸び、効果ともに微妙な線ですし。
逆に言うと序〜中盤まではMQの取捨選択を楽しむ余地があまりないとも言えます。教官に防御系を押しつけられたマキアス以外は。まぁ、今後手に入るだろう強力なMQに期待しましょう。


さて、続きはネタバレ込みのプレイ記になります。第3章・4章の内容です。


続きを読む
ラベル:閃の軌跡 PSV RPG
posted by ひろし at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

閃の軌跡 (3)

英雄伝説 閃の軌跡、プレイ記の第3回です。
ゲーム画面の3D化について前回は否定的な意見ばかりを書いてしまいましたが、勿論良くなった点もあります。背景やオブジェの描写が緻密になったのは当然ですが、特に会話シーンの演出が細かくなったのが良い。
今までのミニキャラでも首を横に向けたり吹き出しの中の顔グラフィックで表情を出したりしていましたが、首を縦方向に動かしたり操作するキャラがそのまま目の向きと眉の形等で表情を出すのは良い感じです。欲を言えば小さい仕草のバリエーションがもっとあると良いんですけどね。あと、思案顔の上向きの目が三白眼に見えて間抜けなのも是非改善を……。
吹き出し顔も健在で最初は蛇足かと思ったのですが、キャラがフレームアウトしている時や後ろ向きの場合に表情を確認できるのであった方が良いと思い直しました。
それとイベントに関して言うと那由多の軌跡で濫用された斜めのアングルが減っていたのも個人的には好印象です。代わりに焦点深度の低いトイカメラみたいな画面が目に付くようになりましたが、これは何の効果を狙っているのかイマイチ分からず。ミニチュア感を出したい? 何のために?

さて、続きはネタバレ混みのプレイ記になります。今回は第2章まで。前は全くストーリーに触れていなかったので今回は少し踏み込みます。まだまだ前半ですが、未プレイの方は一応ご注意を。


続きを読む
ラベル:閃の軌跡 PSV RPG
posted by ひろし at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

閃の軌跡 (2)

閃の軌跡プレイ記の続きです。
今作の見所はやはり画面の3D化で、それに伴って色々と今までの軌跡シリーズ、ひいては英伝シリーズで通用した演出がどう見えるか、どう変えてきたかが気になるところな訳です。
で、序盤をプレイした感じだと違和感を覚える演出があって、それが思い返せば今までの軌跡では普通だったというところがチラホラあるんですよね。
それを最初に感じたのは、序章の最初に電車から生徒が降りてくるところです。みんな姿勢良く同じモーションで歩いていて物凄く不気味だったのですが、これってミニキャラだったら全然気にならなかったんですよね。実際、やってることは空の軌跡で飛空挺から降りてくる人と同じ事だったわけですし。
同様に、入学式で喋っている主人公達の脇に同じグラフィックのモブが男女2人ずつ大写しになっていたのも、初めは酷い絵ヅラだと思って、改めて2Dキャラなら当然の処理だと思い直しました。
他には漫符がイマイチ馴染んでないとか、手を入れた方が良かったんじゃないかなと思うようなところが幾つかありました。
まぁ映像技術の進化による不気味の谷とか、一般的には何を今更的な話なのですが、長く付き合った軌跡シリーズで同じ演出を見せられると実感もひとしおだったのです。

さて、続きはネタバレ込みのプレイ記です。まだまだ全然序盤ですが、プレイを検討される方の閲覧はご注意下さい。


続きを読む
ラベル:PSV 閃の軌跡 RPG
posted by ひろし at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

閃の軌跡 (1)

今週日本ファルコムから発売されました軌跡シリーズ最新作、閃の軌跡を購入しました。例によってVita版です。
シリーズが長大化してきてそろそろ細かいところは付いていけない感のある私ですが、それなりに楽しみにしていました。
今作は今までの画面構成から大幅に変わってフルポリゴンに、キャラクタもちびキャラから等身の高いアニメ調のモデルなりました。大幅な進歩……っていうか、最近のよくあるJRPG風になった感じですね。
思えば空の軌跡(というか英伝VI)を始めて見たとき時も「英伝が進化して、コンシューマでよくあるRPG風になった」という印象を受けたので、歴史は繰り返しているんですねぇ。っていうか常に後追い状態……。
まぁ何だかんだで毎回内容は楽しませて貰っているので、今回も期待してかかりましょう。

続きはネタバレ込みのプレイ記となりますので未プレイの方はご注意下さい。と言っても序盤も序盤ですのでネタバレしても全然痛くないと思いますが。


続きを読む
posted by ひろし at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

Ever17 雑感

名作と言われるアドベンチャーゲームのPSP移植版、Ever17 -the out of infinity- Premium Editionをプレイしました。
いつか、去年の今頃だったかのダウンロード版安売りセールの時に半ば衝動的に購入したのですが、似たようなタイトルのシリーズ作品が多くて迷いました。が、一つだけ評価が飛び抜けていたのでこれが当たりだろうと良く調べもせずに購入。
全体的な感想としては、お話の根幹となる仕掛けが意外で本当に面白かったです。以前に「ゲームでしか表現できない話」というレビューを見てある程度予想はしていたのですが、それ以上の物を見せられました。
これだけで全体的なテキストのくどさとか、ヒロイン達が余り気に入らなかったこととか、登場人物の行動の不可解さとかを補って余りある魅力になっています。いや、上記の理由で序盤はツラかったんですけどね……。

と言うわけで、続きはネタバレ込みの感想になります。上に書いたとおりシナリオ自体が最大の魅力であるこのゲームについてネタバレは致命的ですので、未プレイの人は絶対に読まないようお願い致します。


それでも続きを読む
ラベル:単発 PSP ADV
posted by ひろし at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月15日

ドラゴンズクラウン (4)

ドラゴンズクラウンのプレイ記、第4回です。
今回、とりあえず1キャラで最高難度のクリアまでこぎ着けましたので総評といきたいと思います。
まずは面白いの一言でした。懐古的な見方で言うと、基本的なベルトアクションの要素とコテコテのハイファンタジーを心ゆくまで堪能できたのが良かったですね。また、隠し部屋や依頼の捜し物などを静かに置いておき、ポインタでプレイヤーに探させる仕様が没入感を生んでいて、初回は特に楽しめました。
あと感心したのは明かりや火の扱いの丁寧さですね。暗いダンジョンでは松明の周辺が明るくなる(持っていても、置いてあっても)し、壁掛けの松明に点火して回る事もできます。勿論、しないで暗いまま強行しても無問題。火の魔法の流れ弾で勝手に点火されることもあり。
火に関しては、木の床だと延焼したり水辺だと全く広がらなかったりと当たり前のことがしっかり表現されています。火の魔法を喰らって服に延焼しているキャラが油に近づくと一気に炎上して大ダメージとか、細かいだけじゃなくて攻略にも影響するのがまた良い。
こういう描写を緻密な絵でやってくれるので大変好感が持てました。ステージ数とか少なくなるのも頷けるというものです。

悪い点はステージの少なさと、操作周りがあまり練れていないように感じるところでしょうか。後は前回も指摘したアイテムに関するわくわく感が無いこと。
次回作やDLCなんかが出るようなら、迷路や謎解き的な要素が多めのダンジョンが欲しいですね。期待しています。

さて、続きはネタバレ込みのプレイ記です。シナリオ的な事は前回までで終わっているのであまり致命的なネタバレは無いと思いますが、一応。


続きを読む
posted by ひろし at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

ドラゴンズクラウン (3)

ドラゴンズクラウンのプレイ記、第3回です。
非常に面白くて基本的に大絶賛のこのゲームですが、ある程度プレイするとアイテム収集のわくわく感が薄いのが残念に思えて来ました。
宝箱の中身はランダム要素が強く、あたり外れに一喜一憂することはあるのですが、固有名詞付きの武器とか極端に強い装備とかそういうのは無いんですよね。武器防具にはそれぞれレベルがあり、それにパラメータが引きずられるのでぶっちゃけランクEのショートソードでもレベルさえ高ければダメージ上限は十分実用範囲な訳です。後は付加効果によって名前の頭に「竜の」とか「氷精の」とか付きます。
こうなると、拾ったアイテムのアイコンがフランベルジュだろうがソードブレイカーだろうが何も感動がないわけです。せいぜいがオーラを纏っている(マジックアイテム?)かどうかくらいで、それも付加効果の数が増える程度の目安にしかなりません。
ハイファンタジーの王道を行くゲームなのに、伝説の剣ポジションのアイテム要素が抜けているのが本当に残念です。クラス選択がある分ストーリーに絡ませられないのでしょうが、次回作とかでは何とか頑張って欲しいところですね。

……とか偉そうなことを言っていますが、実は最高難度まで上げればちゃんと伝説の武器が出てくる仕様だったりしたらどうしましょ……。

さて、続きはネタバレ込みのプレイ記となります。一応ラスボスまで行ったので、未プレイの人は閲覧にご注意を。


続きを読む
posted by ひろし at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月01日

ドラゴンズクラウン (2)

ドラゴンズクラウン、プレイ記の第2回です。
ゲーム中、結構頻繁に画面タッチまたはポインタ操作をする場面が出て来ます。序盤はたかだか数百点のアイテムがポチッと出てくるだけの操作だと思ったのですが、中盤以降ルーン魔法が使えるようになると割と重要度も上がるんですよね。オマケに敵の名前やLvも調べられますし。
こうして考えると右スティック+Lのポインタ操作よりもタッチパネルの方が楽で、その点Vita版で良かったなと思います。
しかしVitaでは画面が小さいので密集戦闘になったときに全然分からなくなる事が多々ある事を考えると、PS3の方がプレイは快適そうな気も……。VitaにHDMI出力が付けばなぁ。

さて、続きはネタバレ込みのプレイ記になります。中盤、多分折り返し地点くらいまで進んだところです。


続きを読む
posted by ひろし at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月26日

ドラゴンズクラウン (1)

昨日発売されましたPS3/PSVita用アクションゲーム、ドラゴンズクラウンをプレイし始めました。購入したのはVita版です。
ハイファンタジーのベルトアクションゲームと言えば言わずと知れた名作アーケードゲーム、ダンジョンズ&ドラゴンズ(以下D&D)の2作の印象が強いのですが、ご多分に漏れず私もファンでした。
特に2作目のミスタラは友人らと良く遊んだもので、全キャラ1コインクリアできる程度には上達したものでした。

さて、そんなおっさんプレイヤーらの心を惹き付けて止まないこのドラゴンズクラウン、発表当時から買う気満々で、ようやく発売となって嬉しい限りなわけです。
と言うわけで、以下触ってみてのファーストインプレッションを。まだ超序盤しかプレイしていませんが、ネタバレも含みますのでこれからプレイしたいという方はご注意下さい。


続きを読む
posted by ひろし at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

Princess of the Ring 雑感

Toffi's Homeにてフリーで配布されているエロ格ゲー、Princess of the Ringを遊んでみました。外国製の、しかも個人製作の物なので特に年齢制限等はありませんが、内容的には性的なアピールバリバリなので18禁という扱いで。

こちらは女性ないしふたなりキャラの性行為を含むアクションゲームを専門に格ゲーツクールで制作されているサークル(それとも個人?)のようです。
平たく書けば「イカせたら勝ち」のいわゆるバトルファックをゲーム化している訳ですね。キャットファイト好きの紳士諸君には堪らんサークルです。
今回取り上げるPrincess of the RingはWebサイト上で確認する限り2作目の作品のようで、クオリティ的には後年の物に比べると劣ります。が、女子プロレス&エロという至高嗜好のジャンルであるため私としては一番気に入りました。
というか純粋に♀vs♀なゲームはこれだけで、他は全てふたなり混み&ファンタジー世界だからって理由もあるんですがねー。プロレスやバトルファック自体がファンタジーという突っ込みは無しの方向で……。

というわけで、続きはネタばれ込みのプレイ記です。特殊嗜好のエロ話題(今回は特に濃いめ)だらけになりますので、苦手な方はお読みにならないようお願いします。


read more
posted by ひろし at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記(18禁) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

DEAD OR ALIVE 5 PLUS (3)

DOA5+のプレイ記、第3回です。
このところ、コスチューム解放のためにCPU戦を電車内でやっていたのですが、やはり周囲の視線が気になりますね。エロ的な意味で。
自キャラは野郎や女キャラで大人しいコスを選んでいても、相手キャラのコスがランダムなので遠慮無く水着で出てこられます。特にゲームの特典として付いてきた「セクシー」系の水着は遠目に素っ裸に見えるほど布地が小さいので、色々不味いです。
いや自意識過剰は分かっているんですが、下手に口うるさい向きに見咎められて騒がれたら最悪犯罪者扱いになるかもしれませんねぇ。……もう止めとこうかな、車内プレイ。

さて、続きはネタバレ込みのプレイ記となりますのでご注意を。



続きを読む
ラベル:DOA5 PSV 格ゲー
posted by ひろし at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする