2013年07月09日

Princess of the Ring 雑感

Toffi's Homeにてフリーで配布されているエロ格ゲー、Princess of the Ringを遊んでみました。外国製の、しかも個人製作の物なので特に年齢制限等はありませんが、内容的には性的なアピールバリバリなので18禁という扱いで。

こちらは女性ないしふたなりキャラの性行為を含むアクションゲームを専門に格ゲーツクールで制作されているサークル(それとも個人?)のようです。
平たく書けば「イカせたら勝ち」のいわゆるバトルファックをゲーム化している訳ですね。キャットファイト好きの紳士諸君には堪らんサークルです。
今回取り上げるPrincess of the RingはWebサイト上で確認する限り2作目の作品のようで、クオリティ的には後年の物に比べると劣ります。が、女子プロレス&エロという至高嗜好のジャンルであるため私としては一番気に入りました。
というか純粋に♀vs♀なゲームはこれだけで、他は全てふたなり混み&ファンタジー世界だからって理由もあるんですがねー。プロレスやバトルファック自体がファンタジーという突っ込みは無しの方向で……。

というわけで、続きはネタばれ込みのプレイ記です。特殊嗜好のエロ話題(今回は特に濃いめ)だらけになりますので、苦手な方はお読みにならないようお願いします。


read more
posted by ひろし at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記(18禁) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

エロッセウム 雑感

同人エロRPG、エロッセウム(リンク先・18禁)をプレイしてみました。
長らくエロゲーは久しぶりですが、この手のは衝動的にプレイしたくなる物ですしね。で、DLsite(リンク先・18禁)でキャットファイトのタグで引っかかったこちらのゲームに興味を持ちました。
特徴は、主人公女vs敵女の戦闘(いわゆるボス戦)のみに特化した短編RPGで、プレイ時間は2〜4時間ということで、私の嗜好と現在の要求にぴったりな作品です。
基本、ロリータ嗜好に特化したゲームを作るサークルのようですが、このゲームに関しては頭身の高い「お姉さんモード」を搭載しているようなのでロリ趣味のない私にも安心でした。

と言うわけで、以下ネタバレ込みのプレイ記です。久々にエロゲーを扱いますので、性的な記述が嫌な方も閲覧はご遠慮下さい。



続きを読む
タグ:単発 RPG win 女闘
posted by ひろし at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記(18禁) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

Lightning Warrior Raidy II (3)

Lightning Warrior Raidy II(リンク先・18禁)、プレイ記第3回です。
このゲームの肝がボス戦のレズレイプ合戦であることは疑いようもないのですが、一つ残念なことがあります。
そう、何故素っ裸に剥くのか。
せっかくファンタジーな世界観で、ボスキャラもそれっぽい衣装とかモンスターとかバリエーションに富んでいるのに、裸になっちゃったらただの女体じゃないですか。何故着衣の良さを活かそうとしないのか。
次回作では是非その辺を考え直して頂きたい。というか、次回作とりあえず出して欲しい

さて、続きのプレイ記はネタバレを含みますので、未プレイの方はご注意を。



read more
posted by ひろし at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記(18禁) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

黒と金の開かない鍵。 体験版

little cheeseより今月上旬に発売されました18禁乙女ゲー、黒と金の開かない鍵。(リンク先・18禁)の体験版をプレイしました。
体験版の公開が発売の2週間という不思議なゲームですが、そう言えばいつぞやのロイヤルズの時もそんな感じでしたし、乙女ゲー界隈では良くあることなのでしょうか? 雑誌に先に載せてWeb公開は後、とかそんな感じかな?
こちらのゲーム、引きこもり主人公が美少女に変身という古典的な少女漫画ストーリーを踏襲しつつ、攻略対象キャラがみんな裏の顔を持っていてヒロインが大変な目に遭うという乙女エロゲーにありがちな展開に発展するという、実にありがちな親しみやすいストーリーだそうです。
そんな作品に何故興味を惹かれたからと言うと、オマケの「夢のお兄さんのなぜなぜ講座。」が面白かったからです。
いや、ギャグとかはそれほど面白く無いのですが、興味深かったのが割と濃い下ネタが入ること。女性向けのコンテンツでこう開け広げな下ネタを使うのって割と新鮮なような気がします。本編がエロエロなゲームでも、パッケージやWebページ上はあくまでも上品だったりしますし。

と言うわけで、買う程じゃないけれど案外面白そうだったので体験版待ちだったわけです。
それでは、続きは体験版のプレイ記です。


続きを読む
posted by ひろし at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記(18禁) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

Lightning Warrior Raidy II (2)

プレイ記の続きです。
前回書き忘れましたがこのゲーム、フルスクリーンで起動しようとすると必ず応答なしになって落ちてしまいます。2度目に起動すれば普通に立ち上がるのですが、1度目は必ず駄目。
思えばPRINCESS WALTZの時も全く同じ症状がありましたので、十中八九G-Collectionの認証システムの影響なんでしょうね。
しかし、こんな分かりやすい問題が修正もされずに残っているとはねぇ。日本語Windows固有の問題だったりして?

さて、続きはネタバレ込みのプレイ記となります。



read more
posted by ひろし at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記(18禁) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

Lightning Warrior Raidy II (1)

ZyXより1995年にPC-98用に発売され、2007年にWindows版にリメイクされて発売された18禁RPG、雷の戦士ライディII 〜邪淫の神殿〜(以下リンク先・18禁)の北米移植版、Lightning Warrior Raidy II: ~Temple of Desire~のプレイを開始しました。せ、説明がまだるっこしいな。
前作は英語版でプレイ済みですので、今回も折角なので英語版の発売を待ってから購入だったわけです。まぁ、原作は15年も前のゲームなんですけどね……。

早速、続きからはプレイ記の開始です。ネタバレ、エロ描写が嫌な方は閲覧はご遠慮ください。



read more
posted by ひろし at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記(18禁) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

ゴア・スクリーミングショウ (7)

ゴア・スクリーミングショウ(リンク先・18禁)、プレイ記の最終回です。
総評としては、ホラー的な演出とヒロインのトラウマのほじくり返し等のいやらしさが良く出ていて、物語として楽しめるお話でした。人死にもサクサク出るので、初プレイ時は緊張感や不安感を持って臨めるので良いですね。
そんなシナリオの中でも最も面白いのは、なんといってもゴアの狂った台詞回しですね。こいつが出てくると大概大変なことが起こってしまうのですが、それでも出てくると思わず笑ってしまいます。
また、私はグロいのは苦手な方なのですが、グロを前面に押し出しているにしては割とマイルドだったので、ゴアレベルを最大にしてもさほど苦痛ではありませんでした。まぁ、エロさが損なわれる効果はありましたが……。
ただ、個人的には物語の収束に向かうに連れてだんだん失速感があったのが残念でした。これは私のプレイ環境とかのせいもあるかも知れませんが。

お気に入りのキャラはゴア。当然デスね当たり前サ決まっていルとも!
ヒロインの中からだと、第一印象どおり希衣佳。それからシナリオが良かった。この2人の絡む(エロい意味でなく)シーンが見たかったのですが、全くなかったのが少し残念ですね。
という訳で、終盤ダレたのに目を潰れば中々の良作でした。オープニング・エンディングの歌もいいですし、興味のある人はトライしてみてはいかがでしょう。

さて、続きはネタバレプレイ記ですので閲覧はご注意を。



続きを読む
posted by ひろし at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記(18禁) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

ゴア・スクリーミングショウ (6)

長らく間が空いておりました、成人男性向けADV・ゴア・スクリーミングショウ(リンク先・18禁)のプレイ記の続きです。
割と飽きが来ていたゲームだったのですが、ずっとRPGばっかりやっているとこーゆーのもやりたくなるものです。
しかし最後にプレイしたのが3ヶ月前ともなると、内容をだいぶ忘れてしまっております。という訳で、自分のプレイ記を読んで大体の話の流れを思い出してみました。書いててよかったプレイ記。

さて、続きはネタバレ込みのプレイ記となりますので、未プレイの方や18歳未満の方はご遠慮願います。



続きを読む読む読む読む読
posted by ひろし at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記(18禁) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

ゴア・スクリーミングショウ (5)

プレイ記の続きです。間は空きまくってますが続きは続きなのです。
いやはや何と言いますか、暇を見て少しずつ進めている訳なのですが、やはりイマイチ物語に集中できず余り楽しめていない気がします。いつグロ表現に出くわすかという恐怖も悪さしているとは思いますが。
やっぱ、忙しい時は無理に平日進めずに、時間が取れた時に一気に読んじゃう方が良いんでしょうねぇ。でもまぁ、このゲームはあとちょっとの筈ですから、こんな感じでもう少し頑張るとしましょう。

さて、続きはネタバレ満載のプレイ記です。4周目からとなります。



ツヅきをヨむ
posted by ひろし at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記(18禁) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

ゴア・スクリーミングショウ (4)

ゴア・スクリーミングショウ、プレイ記の第4回です。
Black cyc(リンク先・18禁)のオフィシャルページを見て知ったのですが、MinDeaD BlooDとFULL METAL BOXのWindows7対応版が出るそうですね。マイブラはまた追加要素があるとか。
新OS対応は良いとして、マイブラはリニューアル版乱発しすぎだろう……とも思ったのですが、DVD版の発売は2006年だったんですね。うーん、いつの間にそんな時間が経ったのやら……。

さて、続きはネタバレだらけのプレイ記ですので、未プレイの方は閲覧をご遠慮下さい。



続きを読むヨ!
posted by ひろし at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記(18禁) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

ゴア・スクリーミングショウ (3)

ゴア・スクリーミングショウ(リンク先・18禁)のプレイ記、第3回です。
テキストアドベンチャー形式のエロゲをやるのはかなり久しぶりなのですが、何か以前ほど性的に興奮しないなーという感があります。
私のエロ嗜好が立体に移ってきているのかなー、という心当たりもあるのですが、普通にアニメ調のエロ絵でもヌけるのもまた事実。
やっぱ、グロ展開があるとイマイチ気分が乗らない……ってことなんでしょうかねぇ。グロをプッシュした作品であることを考えると、こういう方が興奮する向きの人も居るのでしょうけど。

さて、続きはいつも通りのネタバレプレイ記です。



続きを読ム
posted by ひろし at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記(18禁) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

floating pallet 雑感

フリーソフトの同人格闘ゲーム、floating palletをプレイしてみました。
非常にエロいギャル格ゲーという評判を耳にして、女闘好きとしては興味が尽きなかったわけです。
こちらのゲーム、成人向けを公言しては居ませんが、内容がアレなのでカテゴリは18禁にしておきます。まぁ、同人ゲームなんて年齢制限以前のグレーさがあります(偏見)からねぇ。

と言うわけで、以下エロ描写にも言及するプレイ記ですので、お嫌いな方は閲覧されないようお願いいたします。



続きを読む
posted by ひろし at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記(18禁) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

ゴア・スクリーミングショウ (2)

プレイ記の続きです。
前回プレイ分のライブシーンで出て来た江梨衣さんですが、これはMinDeaD BlooD(リンク先・18禁)に出演していたキャラですね。100人抜きライブとかやってた。
あの世界観と直接的な繋がりがあるとも思えませんが、お話としてはアレの前なのか後なのか。後者だとしたら、かみさまに救われた結果なんですよねぇ、きっと。もしくは、輸血箱の方の後日談だとしたら……か、仮面の裁定者が!
彼が居てくれたら、ゴアも普通に倒せそうだなぁ。基本的に正義の人だし。
……しかし、同じ作品からの出張出演でもまりかの扱いは酷いもんですねぇ。って、名前がちょっと違うから別人扱いなのかな?

さて、続きはネタバレ込みのプレイ記となります。

続きをヨむ
posted by ひろし at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記(18禁) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

ゴア・スクリーミングショウ (1)

Black Cyc(以下リンク先ほとんど・18禁)より発売されましたエロゲ、ゴア・スクリーミングショウを始めました。って、けっこー昔に着手したフルメタルボックスの2番なんですけどね。
既にプレイしたGUN-KATANAの時と同様、これも体験版をかなり昔にプレイした事はあるのですが、なんか痛そうでグロそうな展開が待っていそうなので、怖くて手を出す気にはなれなかったのです。歌は一番好きなんですけどねぇ。
とは言え興味はあるわけで、久々にエロゲでもするかなーという気分になってみた今、長い事閉まってあった箱を開けてプレイし初めてみたのでした。

と言うわけで、続きはネタバレだらけのプレイ記となりますので、閲覧の際はご注意下さい。



続キを読む
posted by ひろし at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記(18禁) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

ストリップファイターIV & スーパーストリップファイターIV 雑感

久々の18禁カテゴリプレイ記は、往年の海賊版格ゲー・ストリップファイターIIのパロディ版同人ゲーム、ストリップファイターIV(リンク先・18禁)です。
こちらのゲームは、現在上位版のスーパーストリップファイターIV(以下スーパー)が出ており、最近プレイしたのはこちらなのですが、ただのIVも過去にプレイ済みですので、今回は合わせてレビューということで。

今回の購入は、もちろん性的嗜好としての女性同士の格闘描写に期待しての物であります。無印が良かったのでスーパーにも食いついちゃったわけですね。
購入元はいつぞやひなた(リンク先・18禁)」を買ったDLsite.com。ダウンロード販売で楽に/恥ずかしがることなく同人ゲームが買えるのは便利なのですが、正直権利や税金の問題がグレーだったりブラックだったりする物がこうやって大っぴらに売られているのはどうなんでしょうかねぇ。

ダウンロード数を見ると両方合わせて1万を超えています。と言うことは売り上げは1,575万円以上。正直ここまでお金の動く事が同人活動ということで良いのか甚だ疑問ですが……。
まぁ、その片棒を担いでしまった身としては大きな事は言えませんね。

さて、続きはネタバレやエロ描写(しかも特殊嗜好)に関する赤裸々な感想が綴られておりますので、閲覧の際は特にご注意下さい。


続きを読む
posted by ひろし at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記(18禁) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

翼をください (4)

翼をください(リンク先・18禁)プレイ記の最終回です。
総評ですが、絵・音楽・シナリオともに質が高くて非常に面白かった……のに、話が進むにつれて段々失速していてしまった残念な作品でした。いや実際、体験版プレイ中が一番面白かった感じです。
細かいところでは、誤字やスクリプトミス、CGの彩色ミスなんかも結構気になりましたね。発売日を延ばした割にはこういったミスが多かった気もします。修正パッチも出ませんし、開発チームは解散済みと言った感じなのでしょうか。
しかし、期待を裏切られたとはいえ不思議と嫌いきれないというか、独特の魅力は未だに感じています。中々不思議な作品ですね。

お気に入りのキャラは瑠璃火。恋愛モードに入った時の擬音語とだらしない巫女服の着方が玉に瑕ですが、それさえ無視すれば非常に良いキャラでした。後半のシナリオでも光人に絡んでくれたら最高だったんですけどねぇ。
次点は雛子。直情型無口キャラで良い感じ。

そんな訳で、体験版をプレイするのは非常にお勧めなゲームです。それで物語の末路が気になってしまったら、製品版に手を出してみると良いでしょう。


以下、終盤から最後までのネタバレ込みのプレイ記です。



続きをください
posted by ひろし at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記(18禁) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

翼をください (3)

翼をください、プレイ記の第3回です。
ちょっと思うところがあって1周目を再プレイしようと思ったのですが、どうやら別の栞を選択しないとそれは出来ないようですね。ということは1周目ならまだ良いのですが、2周目を初めからやろうと思ったら新規の栞で1周流さないといけない訳です。
途中セーブから再開すればクリアフラグくらいすぐ立つ……とかも考えたのですが、セーブデータはそれぞれの栞毎に別れており、それらのコピーとかも不可。
まーこれは5つある栞をそれぞれ2周目用、3周目用と取っておくか、1つの栞で進行中に各周の開始直後にセーブするなどして対処するしかないですかね。

それで、読みたいところまでスキップを使って読み飛ばしてみたのですが……このスキップ、止まらねぇ
キーボード操作で止める事は完全に不可能で、SKIPのボタンをクリックし直せば一応止まるようですが、これがまた反応が鈍くて狙った位置で止めるのは厳しい感じです。
初回のプレイ記でシステム面は問題無しと書きましたが、実のところ結構不備があるようにも思えてきました。誤字も多いし、延期した割には……と感じずにはおられない今日この頃です。


さて、続きはネタバレ満載のプレイ記、3周目からです。



続きをください
posted by ひろし at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記(18禁) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

翼をください (2)

プレイ記の続きです。
2周目に入って1周目(≒体験版)とは違う展開……どころか、プロローグからして大きく変わったお話が始まったこのゲームですが、どうも単に並行世界になったというよりは書き手が変わってしまったかのような印象を受けております。
その理由としては、前にも別のゲームで挙げたように、登場人物の性質が大きく変わっているのがやはり一番大きいでしょうか。特に雛子なんかは、1周目ではゲームを全くしなかった筈なのにRPGやシューティングなどを引き合いに出して数学を語ってみたり、秘匿していた筈の魔に関する情報について一般人のやすらの前で堂々と語ったりと、違和感が非常に大きくあります。
光人は光人で料理のネタ探しに携帯で料理サイトを見たり、時間つぶしに携帯ゲームで遊んだりと、端々でケータイ中毒っぽさを出しております。水翼は芝居がかった口調で魔について蕩々と解説しまくり、お馬鹿ながきんちょのイメージは何処へやら。
こうした人格の変化以外にも、光人のクラスが1周目A組だったのが2周目は睡蓮組に変化する(ちなみに瑠璃火は2年白百合組)という設定の不一致や、1周目では「8時」「10時」という言葉を使っていた熾永先生が「22時」という言い回しをするなどの不可解さもあります。
更に言うと本筋に関係無い日常描写でも、1週目では実在の作家の本が出たりしていたところが、2週目では名前をもじった商店が出てきます。この辺りは、センスの違いが非常に明確に出ているように思えます。

スタッフリストを見るとシナリオライターは1人だけのようですが、どうしても違う人間が書いている様にしか見えません。何か名前が出せない理由でもあるんでしょうかねぇ。
……とか言っておいて、これが別世界を演出するためにの仕掛けでわざとやっていたりするのでしたら、それはそれで中々感動的なのですが。


さて、続きはネタバレ込みのプレイ記です。2周目途中からですので、未プレイの方はご注意下さい。



続きをください
posted by ひろし at 02:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記(18禁) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

翼をください (1)

Skysphereより先週発売されましたエロゲ、翼をください Fallen wing(リンク先・18禁)を購入しました。
初回の体験版をプレイした際に面白そうだったので期待していたタイトルだったのですが、昨年末発売予定だったのが延期されようやくの発売になった訳です。正直、体験版プレイ直後の熱は冷めてしまったのですが、それでも期待のタイトルなので。
と言うわけで、以下ネタバレプレイ記となります。未プレイの方はご注意下さい。



続きをください
posted by ひろし at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記(18禁) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

Riddle Garden 体験版

キャラメリアから3月26日に発売予定の18禁乙女ゲーム、Riddle Garden(リンク先・18禁)の体験版をプレイしました。
こちらは新ブランドですが、制作スタッフが18禁乙女ゲー業界での有名ブランドシュガービーンズのそれと同一ということで、そちらのファンである私としては見逃せない作品なのでした。
……なのですが、正直なところオフィシャルサイトの情報を見ていても余りお話にも登場人物にも魅力を感じなかったので、さほど期待は大きくありません。これはきっと多分に、今回の主人公が巨乳じゃないせいもあると思います。
どうして変えてしまったのか。いや正しい乙女向けになったような気もする訳ですけれど。

さて、続きは体験版のネタバレプレイ記となります。


続きを読む
posted by ひろし at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記(18禁) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする