2016年10月29日

暁の軌跡 Get Over The IE!

前回に引き続き、ブラウザゲーム暁の軌跡のプチハック記事です。
64bit の Unity Web Player (UWP) を導入し Internet Explorer (IE) 上で動作させることで強制終了問題をほぼ克服した暁の軌跡 (ここまで前回のあらすじ) ですが、新たな問題に直面しました。
落ちにくくなった代わりに、1分くらい固まってから回復するという症状が出るようになったのです。正確には10秒おきに1コマ進むような状態が1分くらい続く感じ。そして一度発生すると数分後にまた起こるので、結局手動で再起動を余儀なくされます。
それでも発生頻度的にミニクライアントが落ちるのよりは10倍以上マシなのですが、発生しやすいのが長時間プレイかつ高負荷状態と 32bit の強制終了と似た状況なので、根を同じくする問題なのだと思います。

そんなわけで、より良い環境を求めて 脱 IE を試み、やってみたらできたよというのが今回の記事です。
前の記事の続編とも言えるかもしれませんが、今回は万人にお勧めできる内容でもないのでマニュアル風にはせず、失敗した話とかも含めて冗長に語ってみます。けど、一部なごりでスクリーンショット入りで解説してます。
結論と答えだけを求めるせっかちさん向けに先に要点だけ書くと、 Pale Moon 入れて User-Agent 偽装して自己責任、以上です。さあけーれけーれ。


しかしまーこの暁の軌跡の 64bit 化に関しては、2ch とか Twitter とかでは「ユーザー(※)に対策なんかさせるな」と噴き上がる発言を複数見かけます。
(※ゲームなんだからプレイヤーという言葉を使って欲しいと常々思う。ゲームを使うな、遊べ)
確かに落ちるようなプログラムのままオンラインゲームを運営するのは非難されて当然ですが、同時にせっかくPCでゲームをするんだから環境設定/構築も楽しめば良いのに、とも思います。娯楽こそ学習への最良のモチベーションですから。
この記事を半日記半マニュアル的に書いたのも、あまりPCゲームに慣れていない人にいじり倒す楽しさ的な物を少しでも伝えることができれば、と思ったからな訳です。そしてあわよくば自力で問題解決を考え、手を動かす人が増えたら良いなとも。
まぁ、それが高じてこうなってしまうと問題なのですが。

前置きが長くなってしまいましたが、そんなわけで本題は続きからどうぞ。



さて、前提として私の環境は前記事に書いたとおり 64bit Win8 のメイン機とスペックがちょっと下がる 64bit Win7 のサブ機、共に数年前のノートPCです。簡単なスペックは前記事参照。
今回の記事は全てサブの Win7 での導入の際に撮った画像を使っていますが、やった事自体は Win8 も大差ありません。
古い Windows 使いの習性として IE には拭えない不信感があるため、今回の不具合も IE 以外なら改善できるのでは、とアタリを付け、まずは 64bit の UWP が動くブラウザはないかなと情報を集めてみました。

で、UWP は現在主流のブラウザからはことごとく対応が切られているという話は聞いていましたが、やはり対応ブラウザの数は少ないようで、結局 こちらの記事 を読んで Pale Moon というブラウザの存在を知りました。
Moon と付くから最初は Lunascape の流れを汲むモノなのかなーとも思ったのですが、どうやら Firefox の系列だそうです。現在の Firefox と比べると大分前の程よく枯れたあたりをベースにしているらしく割と評判が良いようなので、UWP を使うだけなのはもったいないかも知れませんね。
私は暁専用にしますが。


そんなわけで Pale Moon を入手すべく 公式ページ にアクセス。
入れるのは当然 64bit 版なのでトップページの Download には触れずに、Download のタブから Pale Moon > Pale Moon x64 と進みます。
palemoon_inst.jpg
現在のバージョンは 26.5.0 だそうです。複数表示されたミラーサーバーから素直にインストーラ型を選んでダウンロードし、インストール。暁専用予定なので default browser からはチェックを外します。
(12/18追記:V27 で UWP に非対応になった(一時的に?)ということですので、ページ下部の Older versions から V26 以前のバージョンを入手しないといけないようです。)
インストールできたらせっかくなので日本語化。公式から言語ファイルを入手しても反映する方法がよく分からなかったので、これまた Web 検索して こちらの記事 を参考に入れました。config 自分で入力しないといけないのね。


さて、ブラウザが入ったら次は UWP です。
Pale Moon で Unity 公式のダウンロードページに行きます。IE の時に既にで 64bit の UWP をインストールしているので再度入れる必要ないのですが、ここにアクセスするとバージョンが確認できてちゃんと生きていることが分かりますしね。
それと同ページから Webplayer Setting のページに行くと、右側の小窓に実際に UWP が立ち上がってキャッシュのクリアとかバージョン選択とかができ、右下の Development Build の表示で 64bit 版が動いていることが分かるので安心できます。
ちなみに Pale Moon で UWP をダウンロードしたら前回記事の 64bit 化した IE と違ってちゃんと .exe ファイルが落とせました。が、やはりバージョンは少し古め(4.6.6f2)のようです。IE 64bit の時の謎拡張子はなんだったんだ。


これができたらいよいよ暁の軌跡を起動します。
あ、ちなみに私は UJJ アカウントを使ってプレイしているので、ここから先は他 ID を使っている人には不要な作業かもしれません。他 ID でもこれ以降のと似たような問題に直面した場合には役に立つかもしれません。
ともかく、UJJ の暁ログインページにアクセス。いつも通り日本語認証も入れてログインすると……スタートガイドのページに飛ばされてしまいました。
暁の軌跡は IE 以外のブラウザではミニクライアントを使ってプレイするのが普通であり、Pale Moon に UWP が導入済みでもミニクライアントのインストールを促されてしまうわけですね。

ということで、これを回避するにはブラウザ情報を偽れば良いかなと思いつきます。簡単にできる方法として User-Agent ヘッダの偽装が有名ですね。試してみることにしました。
Pale Moon、すなわち Firefox 系の User-Agent 変更方法として、このサイト を参考にしました。
余計なアドオンは入れたくなかったので、about:config を手でいじる方法にトライ。私の環境(サブ)の IE の User-Agent を調べるため、上記サイトで紹介されていた このサイト に IE でアクセス。すると、
 Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
であることが分かりました。これを about:config の general.useragent.override に入力し、再度暁の軌跡のログインへ。

akatsuki_fail.png
無事ブラウザチェックをパスし、キャンペーン特典等のボタンの下が黒表示に。ここに UWP が立ち上が……らねえな、おい。
おかしいなと思い先ほどの Unity の Webplayer Setting のページに行ってみたところ、さっきは動いたはずの UWP が立ち上がらずキャッシュの操作もできません。どうやら User-Agent を偽装すると UWP が立ち上がらなくなるようです。
偽装しないとゲームのページに行けず、偽装すると UWP が動かず。見事にデッドロック状態に陥ってしまいました。


しかしここで諦めてはいかん。壁をぶち破れとバニングス捜査官もよく言っていた。
この状態を解決するには、暁の軌跡側には IE に見せて、Unity 側には Pale Moon に見せられれば良いのだと察しはつきます。と言うことは User-Agent を柔軟に弄れる Firefox のアドオンがあれば行けそうだなーと探してみたところ、見つけたのが UAControl というアドオン。
ドメイン毎に別の User-Agent を送ることができるので、暁にだけ IE に偽装し、他は素で通す設定をすれば行けるんじゃね? と思ったわけです。同様の機能を持つ他のアドオンでも良いと思いますが、シンプルで日本語なこれを選びました。

早速導入して設定します。と、その前に about:config の general.useragent.override はリセットしてデフォルトに戻しました。
インストールが済んだら、Pale Moon のメニューからアドオンを開き、拡張機能から UAControl の設定を選択。
サイトを追加して、サイトに暁のログインページである http://akatuki-login.ujj.co.jp/ を入力、User-Agent をカスタムにして、前述の IE の User-Agent を入れました。
uac_settin.png

これで暁の軌跡にログインすると……。
akatsuki_pale.jpg
立ち上がりました! 右下に燦然と輝く Development Build が示すとおり、ちゃんと 64bit 環境です。ホントはこれは消したいのですが……。
これにて暁の軌跡・脱 IE 成功です!



以上、事の顛末でした。しかしこれ、もし UJJ ID 以外で User-Agent 偽装が必要なかったりしたら、フツーにブラウザ入れるだけの話ですね……。IE じゃないから拡張保護云々も必要ありませんし。

で、数日使用してみての感想ですが、当初問題にしていたメイン環境での1分間フリーズ問題は頻度は下がったものの起きなくなるわけではないようです。つまり IE 固有の問題ではなかったということで、そこはちょっと残念。
ただ、平日の1 〜 1.5時間程度のプレイでは起こらなくなったのは大変良いことです。今日は3時間ほど立ち上げっぱなしにしていたら症状が出始めた訳ですが、数秒毎に1コマ動くのが40秒程度続く、という感じで症状も軽減されていました。
それよりも良かったのが、ミニクライアントや IE では正常動作時でもまま見られたフレームレートの低下やカクつきが、メイン環境ではほとんどなくなったことです。一言で言うとヌルヌルになりました。より非力なサブではまだ少し重い感じがありますが、多少の改善が実感できます。
これはブラウザのデキの差もあると思いますが、Pale Moon が入れたてでまっさらな状態だから軽いというのも大いに効いていそうです。
重さ以外のゲーム全体の挙動や操作、ロード時間に関しては、同じ UWP ですから当然変化はありません。音量や画質などの設定もそのまま残っています。

他に細かい改善点を挙げますと、まずはログインフォームのオートコンプリートが IE よりも親切で最初から埋まっているのが地味に嬉しいところです。
また、ログアウト後しばらくしてから再ログインした時、IE だとよく落ちて自動的にタブが再起動していたのですが、そうした挙動もなくなりました。
あとは Firefox には様々なアドインがありますので、もっと快適になるようにカスタマイズできる可能性があるのも良いですね。ただ前述のようにあまり弄ると逆に重くなる可能性もありますから、程々にしましょう。


というわけで今のところ大満足と言っていい成果が得られました。しかし、だからといって手放しでオススメ! とは言えません。
前回の記事同様、Pale Moon 化によるデメリットを分かりやすいように箇条書きで上げておきましょう。

・公式の推奨環境から完全に外れるので、サポートが受けられない可能性がある
・User-Agent の偽装が運営会社に規約違反と判断された場合、何らかのペナルティを科せられる可能性がある
 ・個別に罰せられることはなくても、そのうち User-Agent 偽装を対策されてできなくなる可能性は大いにある
・Pale Moon は IE ほどメジャーなブラウザではないのでトラブル発生時などに参考になる情報がそれほど多くないと思われる
・セカンドスクリーンで最大化してプレイして終了しても、次回起動時にはメインスクリーンの最大化状態で立ち上がる (IE はセカンド最大で再起動してくれた)
・ログイン後、手動で下にスクロールさせないとゲーム画面がウィンドウに収まらない (IE では勝手に下がってくれた)

まあ後半の細かいデメリットは細かいメリットとトレードオフと考えて良いんじゃないでしょうか。どちらも気にしても始まりません。問題はやはり推奨外ブラウザの使用と User-Agent 偽装まわりですね。
前者はこれ以降ゲーム中で何かトラブルがあって UJJ に対応を求めても「推奨環境でやって下さい」の一言で切り落とされても文句が言えなくなる訳です。
後者は、私としては目くじら立てられるような事はではないと思いますが、判断するのは自分でも「ネットの声」でもなく運営会社ですから、いつどのような扱いになっても不思議ではないし、扱いが変わったら従わざるを得ません。
前回の記事では標準設定から色々変更しはしましたが、それでも推奨される IE 中での話なので何も問題なかったのです。が、今回は勝手が違い明らかにサポート範囲外、下手すると規約違反……というわけで万人に勧められるものではない訳です。
危ない橋を渡りたくない人、後ろ暗い事をしたくない人、IE やミニクライアントで問題が起こっていない人などはそのままの環境でいた方が良いでしょう。やるなら自己の判断と責任においてやりましょう。

よーするにクロスベル警察風に言うなら前回の記事は「これならギリギリ合法だな」だったのですが、今回のが「もう、誤魔化せねえか」になった時には「貴様ら、もう許さんぞ」と鉄拳制裁されても文句は言えないわけです。なに? 余計分かりにくいって? めんどくさいですね。



と、オチを付けたところで本記事を終わりたいと思います。
現状の暁環境に不満がある人、IE が使えず 64bit 化を諦めていた人など、参考にできそうならあくまで自己責任でどうぞ。
そして何かトラブった時は、これも学習するチャンスだと思って、自分で調べて解決してみましょう。がんばれー! (訳:聞かれても困るのでここで質問しないでね!)

---
・余談
今回の記事タイトルは当初「暁の軌跡 蒼月の瀏覽器(ブラウザ)」だったのですがなんか意味も元ネタも分かりにくいので没にしました。コレもどうかと思わないではありませんが。
posted by ひろし at 22:26| Comment(2) | TrackBack(0) | じゆうけんきゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらの記事を参考に導入してみました!
IEやミニクライアントに比べてかなり軽快に動いてくれて強制終了などもなくなり、ストレスを感じなくなりました。
公式のサポート外という不安が多少残りますが、やっぱり快適に動いてくれるのはすごくイイ・・・
素晴らしい記事をありがとうございました!
Posted by V at 2016年12月20日 22:31
無事成功おめでとうございます。お役に立てたようで何よりです。
このブログにコメントが付くなんて3年ぶりだったので、しばらく気付きませんでした……。
Posted by ひろし at 2016年12月25日 16:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443224214
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック