2016年08月29日

暁の軌跡 オープンβ 雑感2

前回記事化した暁の軌跡、結局ハマってそのままプレイしてしまいました。
無事ベータ版で収録されている第一章の終わりまで話を進められたのですが、前の記事に結構(というかかかなり)事実誤認なところがあったので、訂正をかねてもう一つ書いてみようかなと。
まー前のは前ので短いプレイ時間で思ったことを正直に書いた物なので何かしら意味のある記事だと思います。消したりはしないのであれはあれのままご笑覧ください。

と言うわけで続きはネタバレ込みのプレイ記です。暁の軌跡のストーリー展開やゲーム性に興味のある人は是非読まずにオープンβ版をプレイしてみてください。



さて、とりあえずあの後メインストーリーを進めることを優先してプレイすることにしました。
ストーリーはほぼ立ち絵での会話シーンだけで進み、APを消費しません。偶に探索(と戦闘)が入ると消費しますが、7〜8割方何もなしで進められる感じです。
そのおかげで前回書いた範囲までではAPという物の存在をほぼ意識しないでプレイしていました。クエストクリアの経験点で全体レベルが上がってAP全快しちゃいますし。(ソシャゲではよくある手法ですが)
メインストーリーを進めると、次のメインクエストを始めるためにサブイベントを起こさないといけない、なんてこともあります。すると結局サブも必須イベントみたいな扱いになるわけですね。

ちなみにAPを消費するコンテンツは、ダンジョンや街道を自由に探索する「探索」と、戦闘のチュートリアルを兼ねた「戦闘訓練」です。前者は1つのエリアにつき中級・上級・究極とあり、後者は各章毎に30項目あるようです。
基本的にこれらはストーリーが進めば行える項目が増えていき、やってもやらなくてもいい代わりに難度が高い……という設定だと思っていたら、間違いでした
序章のクライマックスのクエストを始めるための条件が、序章戦闘訓練30をクリアという驚異の縛り。結局必須だったわけですねこれ。
しかし戦闘難度としては 戦闘訓練 > 探索 > メインクエスト な訳で、のうのうとメインの話を読んでいたナハト君ではとうてい太刀打ちできません。
探索では他プレイヤーキャラのリーダーを助っ人として連れて行ける(ソシャゲでありがちの)ので、手持ちが弱くても★4を借りて攻略し、雑魚戦でCPを溜めてボスでぶっぱという軌跡的正攻法が使えるのですが、単発戦闘の戦闘訓練ではそれもできません。助っ人も無し。
結局3日目ログインボーナスの★4ロイド氏が参戦し、ロイド&ノエルで何とか勝利するとい碧の軌跡みたいな戦闘になりました。主力のつもりだった★3リンさんも余り役に立ちませんでしたし。ナハト? 良い奴だったよ。
ちなみにその後メインストーリーの序章ボスはもちろん拍子抜けする弱さでした。うーん、このバランスはどうなんだ。

序章をクリアするとストーリー支援(ガチャ)ができるようになります。なんのこっちゃと思ったら、それまでのストーリーで出てきたキャラたちが詰まったボックスガチャだろうです。ちょっとチェンクロの酒場に通じるものがあるかも知れません。
目玉の★4は箱の底にあるので全部引かなきゃいかんよと。そしてキャラは戦闘訓練で敵として猛威を振るった遊撃士スコット。なるほど、こうやって射幸心を煽りに来たか……というか、これチケットでしか引けないし全部引かなきゃ行けないから射幸も糞もありませんね。
また、序章の途中で覚醒というシステムの紹介があり、育てたキャラのレアリティを1つ上げられる事が分かりました。これで前回危惧したような低レアを育てる気がしない問題が解消する?訳ですね。
もちろん覚醒させたのよりさらに上のレアを引いてしまったら無駄になるのでしょうが、現時点のガチャの内訳を見ると★4を入手する手段が前述のスコットしかないようなので、気兼ねなくメインストーリーのキャラを育てることにしました。
手始めにナハトを★3に、主力のリンさんと戦闘訓練の報酬で来たシェラ姉を★3→★4に。これで第一章でも戦える。

なお、もう1つの懸念事項だった「同キャラを新たに引いたとき成長要素は引き継がれるか」ですが、これはクラフトの成長のみ共有されて装備やスロットの強化・解放は個別のようです。
同キャラをパーティに入れたり、片方をパーティで片方を後述する生産に回すなどもできないみたいなので、これは共通してくれても良かったんじゃないかと思いますけどねぇ。
今後の仕様変更に一番期待するところです。


ちなみにストーリーではクロスベル警察のレナードと子供社長のリーヴが登場し、それぞれ仲間になります(★2)。第一章の舞台はリベールの首都グランセルなので、リーヴの飛行船を使ってクロスベルと往復したりするわけですね。
ちなみにこの飛行船、マップ(文字通り「地図」)上を自由に飛べます。降りられるのはもちろん街や探索値のあるところだけですが、結構楽しいです。無駄にクロスベルの西とか東とかにある赤い点線を越えてみたりしてドキドキしたりとか。この要素は本家を超えていると思います。
飛行船はゲーム的には(ソシャゲによくある)生産拠点なので重要なのですが、まーそちらはこれから嫌でも使いますので。余った戦力を兼ね稼ぎや資材稼ぎ、探索地の自動探索なんかに回せるわけですね。出番の無い★2キャラや使う気になれないリーヴなんかを押し込めておきましょう。

なお、危惧したとおりミラ不足はやっぱり起こりました。装備だけじゃ無くてレベル上げや覚醒、飛行船のカスタマイズにも費いますからねぇ。先の生産でまかなって行くのでしょうが、当座金稼ぎに役立つのが特販ショップです。
ランダムなレアアイテムが並ぶ店で支払いには有料アイテムであるブレイサーコインを使うのですが、特殊クオーツや素材の他にも換金アイテムが並びます。この手のショップで換金するとは思いませんでしたが、現状ブレイサーコインの使い道がアイテム枠拡張とコレしかないので、結構買っちゃいました。
なお、クオーツもこのショップに頼らないと全然充実しないので、商品入れ替えのタイミングはけっこうワクワクします。オリジナルの特殊クオーツ(命中+回避とか回避+防御とかHP+攻撃とか)や3などの高めの数字も結構出てくるもんですから。
というか、このショップ産のクオーツがなかったらせっかくのシェラ姉が範囲アーツを使えないままで居るところでした。なんとか風と火の範囲アーツで魔法キャラを名乗っても恥ずかしくない感じに仕上がりました。

で、ストーリーは外伝的ですがしっかり軌跡してますね。所々会話の端に誰々がどこに居るとかの情報が出てきたり国際問題云々が(主にレナードの立場的に)出てきたり。あと、原作へのリスペクトなのかやたらと旧作登場人物を持ち上げまくるあたりが。
初代主人公のブライト一族はもちろん、特務支援課とかアルカンシエルの面々とか敵役の猟兵とか。ちょいクドい気がしますが、まぁこのノリが軌跡ですよねー。
もちろん勝利ピンチお助け人の黄金パターンも健在。第一章はブライト親父が良いところをかっさらって行ってくれました。この人なら納得という感もあり、この人が出張る事態をソシャゲで済ましちゃうのかという感もあり。

……ちなみにこの第一章クライマックスにたどり着くまでに、もちろん戦闘訓練30回を戦いました。難度が高いのなんの。特に最後のクルツさんは鬼畜の一言。飛行船の生産要員も呼び戻してサブまで固めて、★4を5人と★3を3人で行ったにもかかわらず、回復アイテム使いまくった上で紙一重の勝利です。
いやまぁ、それまでに報酬で得たリソースを使って買ったんだからバランスが取れてると言えば言えるのですが、これ成長も戦闘もかなり的確に操作しないとクリアできない難度ですよ。コンシューマRPGのレベルデザインなら正解かも知れませんがソシャゲのカジュアルユーザーにはちょっと……あ、カジュアルな人は戦闘システムとオーブメントシステムのあたりで辞めてるか。
まぁともかく、このままのバランシングで正式サービスが始まったら、ストーリーだけ見られればいいやというような生半可な気持ちでは第二章から先を読むことはできなさそうです。
★5を、★5を作らねば……!!(思うつぼ)まぁ、第一章クリアガチャの底に★5クルツが埋まってるので、第二章クリアまでには1枚手に入るんでしょうけど。

それと、これも前回危惧したとおり↑のパーティを組む/用が済んだので元に戻す作業がやはりめちゃくちゃ面倒でした。クオーツ一括解除コマンドが無いなんて……。
付け焼き刃とはいえサブ要員もなにも鍛えないわけには行かないのでやっぱりリソース(金)が不足しますし。
戦闘人員もクオーツも金も余ってきたら付けっぱにするとかで楽になるのかも知れませんが、もうちょっとシステム側からこの辺をラクにするアプローチが欲しいのではと思います。


とまぁ、こんなところでしょうか。あとは細かく不便なところの仕様変更と色々とバギーなところを直してくれれば割と良いゲームかな、と思います。ソシャゲなんで運営するうちに直っていくことでしょう。スクリプトのミスとかかなりありますし。
あと、戦闘システムも結構色々バグってますね。AとBがAT差なしでAがRUSHを引いた場合A→B→Aの順になるとか、アーツの詠唱でターンが経過してしまうとか、Sブレイクだとターンが経過しないとか、封技状態でもカウンターが発動するとか。このへん、ゲームシステムのクローンを作った感があって好感が持てるバグです。直して欲しいですが。
キャラ毎の属性の優劣とアーツ攻撃時の属性倍率が両方かかってしまうのもバグっぽいのですが、キャラ属性は暁オリジナルの要素なので断言はできません。コレはコレで攻略上重要な要素かも知れませんしね。
そんなわけで週末まるまる楽しめるゲームでした。正式サービスから先、長く続いていくと良いですね。
posted by ひろし at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック