2016年04月01日

少年と255

全国のゲームファンの皆様、こんばんは。突然ですが本日はアンケートを1つ。

「あなたは、255 と 256 のどちらに親しみを持っていますか?」

数字に親しみなんてあるもんか、と言う人は「どちらが気持ちいいか」「どちらがキリが良いか」「どちらが好きか」とかにでも何でも読み替えてOKです。とにかくこっち! と思った方をお答え下さい。
アンケートの回答は次のフォームからどうぞ。そして「続きを読む」からは質問の意図と四方山話をば。





はい嘘ーっ! 4月1日でーす! アンケートフォームは単なる画像でしたーっ!
「投票結果を見る」をクリックした人残念でしたーーーっ!!!



ああっ、石を投げないでっ。ごめんなさいごめんなさい。調子に乗ってごめんなさいっ。


えーと、アンケートは嘘ですが、この内容に興味があるのは本心です。
ゲームをやる人間にとっては、ある年代より上は255が多く、若い人ほど256が多くなるんじゃないかなーと思うわけで、実際のところどうなんだろうなと思った訳なのです。
何故かって? ピンとこない人のために少し解説しましょう。上の説明でだいたい分かった人には今更の話ですので読み飛ばして下さってOKです。


さて、255と言えば元ゲーム少年だったおっさんにはおなじみの「最大値」です。
何の最大値かって? 色々なゲームの、様々なパラメータの、です。有名な例を挙げれば、代表的な国産RPGであるドラゴンクエストの3〜5の「つよさ」で確認できるHP,MP以外の能力値の最大値が255でした。

なぜこの255が最大だったかというと、コンピュータが扱う数字である2進数の8桁、つまり8bitで表現できる256通りを、0以上の自然数に当てはめたのが0〜255だったからです。
一般化すると n bitで表現できるのが2^n通り、それを数値にすると最大値が 2^n-1 になる、ということで通例としてよく見られました。255の他に代表的な最大値と言えば 16 bit の最大値65535で、初代ドラクエなら経験値やゴールドの最大値がこれでした。
容量やメモリの制限が厳しい8bitゲーム機・PCの時代で最大限に表現の幅を広げようと思ったら、自然とこういう数値が表に出る訳ですね。

もちろん、8bitの時代でもそれ以外を最大値に取ることもありました。その例を挙げるなら、こちらも代表的な国産RPGであるファイナルファンタジーシリーズでは、初期からアイテムの個数の最大値は99個、HPの最大値は9999でした。
これは明らかに2桁・4桁に収まる数字であり、「人間にとってキリの良い数字」が最大値として表に出てきています。
しかし内部的には2進数で処理されており、上限まで数字を使っていなかっただけです。その証拠に、裏技でアイテムを増殖すると表面上の上限を超え255個までスタックできたのでした(FF3)。というわけで、やっぱりここでも255。
255は当時の少年(少女も含む)たちにとって定番であり目標でありあこがれの数値だったのです。


しかしこうした上限は、前述のようにストレージ・メモリに余裕がなかった時には必要とされましたが、時代が進むにつれコンピュータの能力は上がり、目にする機会は減っていきました。
画像の色数が増え、解像度が増し、音声や動画などという膨大なデータ量が扱えるようになってくれば、いちパラメータのbit数を切り詰め、極限まで使う必要なんてどこにもないですからね。
今日ではシリーズ物のゲームで慣例として残していたり、近年良くある疑似レトロゲームとかがわざわざ好き好んで使う程度の扱いになっていると思います。
と言うわけで、最近……とまで行かなくとも、20代くらいの人だと少年時代のゲーム経験を通して255に触れることはあまりなく、現在も255をそれほど特別視することがない……という人も多いのではないかなーと思うわけです。ようやく冒頭の話題に戻ってきましたね。


gimax.jpg
ちなみに、この記事を書こうと思ったのは最近のゲームでこういうネタ画像を作ったことがきっかけでした。
これはコラ画像では無くわざわざゲームプレイで調整して数値をそろえ、ニヤニヤしたところでふと我に返り「これをネタと認識しない層が居るんじゃないか?」と思って上のようなことを考えたのですね。
私、すなわちおっさんゲーマーにとっては特別に思える数字を並べたつもりでも、若い人にはそうでないかも知れない。その境目はどれくらいなんだろうか、と。

あ、もちろんコンピュータにある程度の知識があったりプログラムを学んだりした人たちにとっては、こうした数値はまったく過去のものではなく、よく目にするものでしょう。
けれど、ただゲームをしているだけで255という数字が刷り込まれたのは、ファミコンやPC88等の8 bitコンピュータでゲームをしていた世代特有なのではないかなと思うわけです。
もちろん、熱心なゲームファンだったなら最新=自分の世代のゲーム以外も遊んだでしょうから若年層でも必ずしも255を知らないとは限らない訳ですが、傾向はあるんじゃないかなと。

ちなみに、偽アンケートのもう1つの選択肢である256は 2^8、つまり2の階乗の代表として出しました。
こちらは、割と年代が進んでもゲームで触れる機会が多いんじゃないかと思います。主に確率関係で 1/16 とか 1/256 とか 1/4096 とか。ネットの普及で攻略情報を目にしやすいこともあり、こちらに馴染みがあるゲーム少年が今は多いんじゃないかなと。
まぁ、現代の少年少女がどんなスタイルでゲームをプレイするのかとか全然分からないのでかなり的外れなことを書いている可能性は高いのと、設問として適切なのかは疑問の残るところではあるのですが、まぁ思いつきなのでここはひとつご容赦いただければと。


まーそんなわけでこの記事だけではおっさんの独り言に過ぎないわけですが、結局何のために記事化したかというと、割と面白そうなテーマなのでどこか大手のゲームメディアさんあたりに調査して貰えたら嬉しいなーと言いたかった訳です。
年代別でアンケート取れてそれなりに信頼性を確保しようと思うと難しそうですが、どこかでやってくれないでしょうかねぇ。と、他に興味を持つ人が居るかどうかも分からない状態でぶん投げて本日の記事を終えたいと思います。
posted by ひろし at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム四方山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック