2015年12月23日

Chain Chronicle Global オリジナルキャラ紹介 その2

以前好評を博した(のかどうか分からない)海外版チェインクロニクル Chain Chronicle Global (以下CCG)の紹介記事群。その中でも特に注目された(と思う)オリキャラ紹介の続編として、あの後追加されたキャラの紹介をしたいと思います。

ちなみにCCGというゲーム自体に関しては以前から初歩的なミスやバグが多くあり、おおらかな運営をしているなーと思っていたのですが、第2部(v2)以降大きなミスが目立つようになり、さらにその対応もいい加減なものが多くなってきました。
例として、レイドのwave数を長くし過ぎ(通常3〜6くらいを4〜9にした)てしまった上、たまに魔神に再挑戦しても全快してしまうという調整ミス&バグのコンボへの対処は、全員に気合いの実を75個配るという、文字通り気合いで頑張れという心意気を感じるものでした。レイドはそのままつつがなく進行し、その間再調整やバグ取りは一切無しです。
ついでにこの時は課金ガチャからN、HNキャラが出るという珍事もありました。さすがにこれは補填されましたが、よくもまぁミスにミスを重ねるなーと逆に感心したものです。

そんな運営陣が実装してきたv2からの CCG Exclusive キャラクタたちはどんなものであったか、実装時のイベントや独自武器も交えて紹介しましょう。今回もチェインクロニクルのプレイヤー以外には分からない記事だと思いますので、興味の無い方はスルーでお願いいたします。



まずは共通情報と予備知識から。
イラストレーターは一律で「Gumi」(運営会社)となっており、非公開です。
またボイスは日本人声優の演じる日本語で、CV情報も漢字で出ています。ちょっとググってみたら普通に現役でアニメ出演とかされてる声優さんたちですね。と言うことは収録(キャラ開発含め?)は日本でやっているのでしょうか。
それと、CCGの定番としてオリジナルキャラはイベントガチャ限定でリリースされます。と言ってもその時限りではなく、定期的にオリキャラフェスが来る感じです。
また、新キャラ実装時にはそのキャラにちなんでアルカナ画像に描かれている武器(または似合う武器)が一緒に実装される事が多いです。これらの武器の入手法はほとんど中〜高難度のイベントクエストの宝箱コンプリートボーナスなのですが、大概4箱目が非常に硬く自然回復では開けるのに数日かかることがザラにあります。しかし、苦労した分それに見合う性能の物がほとんどです。

次に本記事の注意事項をば。
アルカナ画像やイベントバナーをクリックすると公式wikiのキャラとイベントのページに飛びます。画像もそこから拝借しました。公式に無い情報は適宜非公式の攻略Wikiからも拝借しました。
性能は可能な限り私自身が調査しましたが、できなかった情報は適宜上記攻略Wikiを参照して書いています。今回追加したボイスの項目は私の聞き取りでの書き起こしです(前回記事にもこっそり追記しました)。いずれの項目も多少間違っているかも知れませんが大目に見てやって下さい。

前置きが長くなりましたが、それでは行ってみましょう。


151012.jpg 151012_.jpg
まずは2015/10/12。第2部実装から1週間後、早速新キャラ2名が追加されました。
正直、2部(海風)キャラが入ったばかりなのであまり注目を集めなかったように思えます。その証拠という訳ではありませんが、この2人は実装からかなり時間が経っているのに公式Wikiに個別ページがありません。この雑な仕事がGumiらしいと言えばらしいです。

Tenacious Blacksmith Lorna (★5 コスト16 戦士 打)
13lorna.jpg
LV 60 : ATK 5500, HP 6500
LV 80 : ATK 7500, HP 8500
スキル : (円形範囲攻撃・3マナ) 8倍、ダウン付与
アビリティ : マナの素養、ダウン中の相手にダメージ1.5倍
登場ボイス : 「いつか、ユグドラ全土の武器を作ってやる」
スキルボイス : 「どんな武器に仕上がるかな?」"Watch what my weapon can do!"
メモ : 鍛冶師です。済みません、実際フレンドでも野良でも見たことないのでそれ以上のことは分かりません。ボイスもなんかおかしい気が……。
性能面ではダウン付与にダウン特効というダウンスペシャリストですが、3マナを連打する訳にもいかないので他のダウン付与と組ませると良いのかも知れません。パラメータはHP寄りで、全体的に弱いめです。
しかし彼女が真に力を発揮するのは戦闘ではなく、CCGオリジナルコンテンツの Blacksmith です。特定のキャラが特定の武器の欠片を作れるこのモードですが、Lorna は全ての武器の欠片を作る事ができるワイルドカードです。引いて損のないキャラと言えるでしょう。

また、この時のイベントで入手できたのは彼女に関連づけられたと思われるAランク打武器、Hephaeston です。鍛冶の神の名を持つハンマーですがアビリティは何故かクリティカルダメージアップ(1.5倍→1.7倍)でした。
この武器は黒を基調に炎が描かれたデザインで、いわゆる中二的かっこよさ満載の武器です。個人的にCCGオリジナル武器の中ではダントツで気に入ってます。ハティさんも心なしか満足そうです。
hatihephea.jpg


Gallant Rider Garret (★5 コスト16 騎士 突)
14garrett.jpg
LV 60 : ATK 4700, HP 8800
LV 80 : ATK 6700, HP 10800
スキル : (全体バリア・2マナ) 被ダメATKの2%減、3回
アビリティ : 攻撃力10%増、自動回復1%/3秒
CV : 松田 修平
登場ボイス : 「俺様の勇姿に惚れるなよ?」
スキルボイス : 「このガレット様に任せな!」"Don't worry, Garrett's here!"
メモ : HP偏重の騎士。ナルシストなプレイボーイです。
性能は残念の一言。バリアとは思えないダメージ低減率、アビリティも第2部どころか第1部の中でも悪い部類ではないでしょうか。
パラメータ特化キャラというアイデンティティもありますが、既に Freya が居ますし、あちらの方がもっと偏ってますし……。出すタイミングを間違えたのでしょうか?
トドメとばかりに新キャラの中では彼だけオリジナル武器が用意されず、汎用武器の Partizan が入手できただけでした。不憫なキャラNo.1です。



151026.jpg 151026_.jpg
続いては10/26、ハロウィンイベントでの新キャラ・吸血鬼のカーミラさんです。ガチャでも引けましたが、イベントクエストクリアでも1枚入手できました。
このクエストが中々面白く、敵Lv65で30waveというチャレンジクエストで色々なキャラが特効(パラメータ2倍)扱いでした。詳しくは右側のバナーのリンク先に書いてありますが、ハロウィンにちなんだ人選だったようで、モンスター的な連中(カーミラ本人、ヴェルナーディ・ロなど)、陰気なキャラ(クラリスアイザックなど)、魔女っ娘(シャーリールカナチャーノ)と面白い人選でした。
ちなみにこの中でどうしても理由が分からないのがムスタファヤーウッドなのですが……。何でしょ、砂漠の盗賊はモンスターのくくりなんでしょうか? そしてヤーウッドは???

Crimson Sorceress Carmilla (★5 コスト16 魔法使い 突)
15carmilla.jpg
LV 60 : ATK 6400, HP 3200
LV 80 : ATK 8800, HP 5600
スキル : (前方範囲攻撃・1マナ) 4倍
アビリティ : 近接攻撃力120%、通常攻撃時与ダメの30%回復
CV : 長谷川 暖
登場ボイス : 「吸血鬼なんて心外だわ。血の美食家なの」
スキルボイス : 「あなたの血を味あわせて」"All this blood is so...exciting!"
メモ : 近接吸血魔です。本人は吸血鬼であることを否定し、キャラクエではピリカが執拗にそこを突きます。
性能的には結構良いと思うのですが、限界突破しようにもこのガチャフェスはUR(SSRのこと)が14体という凄まじい内訳で、いくら他の2倍出やすいと言っても彼女を複数引くのは相当難しい状況でした。しかも翌週に近接魔の本命ハティが来るいう間の悪さ……。
またスキルの届く長さは当初2マス分以上と無茶苦茶広かったのですが、数日後には無難な範囲に修正されてしまいました(一応それでもウェイン並)。こういう実装してみてこっそり修正はGumiは日常的にやってきます。笑って受け流せる強さを身につけましょう。

もちろん、彼女の実装に合わせて武器も用意されました。Sinister Parasol はイラストに描かれた傘を閉じた形の突武器です。傘で突いちゃいけません。
性能面では防御14という好ボーナス値に加えHP1/3以下で攻撃力10%UPのアビリティ付きという実に優秀な武器です。しかし、紫色の傘の先端にカボチャという彼女にしか似合わないデザインのため、主力の騎士などに付けるのは躊躇われます。でも高い吸血能力のあるカーミラさんは武器アビ条件のHP1/3以下をキープするのが難しいので、性能的には他に付けた方が良いというジレンマも……。
carmillaparasol.jpg装備イメージはこんな感じ。
ちなみにこのSD、左手を胸の高さまで上げているのはどうやら騎士のSDモーションを使っているらしく、盾を構えているつもりのようです。CCGオリジナルキャラは既存キャラのデータを改変して作られている節があるので、恐らく槍持ちということで騎士のデータから作られたのでしょうね。相変わらず仕事が雑です、Gumi。



151116.jpg 151116_.jpg
続いて11/16、期待の新キャラ2名の登場です。このフェスでは10連ガチャを引くと+1枚、確定でURが貰えるという太っ腹なサービスがされていました。それに加えこの新キャラはどちらも優秀でしたので、さぞかしガチャが回された事だと思います。

Passionate Battler Ronda (★5 コスト17 戦士 拳)
16ronda.jpg
LV 60 : ATK 7600, HP 6000
LV 80 : ATK 9600, HP 8000
スキル : (円形範囲攻撃・2マナ) 9倍、吹き飛ばし
アビリティ : 攻撃力10%増&攻撃間隔短縮(1.25秒毎)、攻撃6ヒット時攻撃力10%増&移動速度30%増
CV : 稲川英里
登場ボイス : 「いつか、このワンパンチで全ての試合を決めてやるにゃ」
スキルボイス : 「ぶちのめしてやるにゃ!」"I'm gonna beat you up, fair and square, nya!"
メモ : CCGオリジナル初の拳キャラ。海風の氏族出身のバトル(試合)マニアです。浮ついた格好はワザと弱く見せてたくさん戦いたいからだそーです。
アレだ、Robyn といいこの娘と言い、森妖精は猫耳にしとけばOKみたいな認識がGumiにはあるのでしょうか。ちょっとリンセに引っ張られすぎじゃないでしょうか。
性能的には完全にアタッカーです。素の攻撃力もコストの割に高めでアビリティで上乗せx2、オマケに攻撃間隔が短いというレアな能力を持っています。ちなみに常時の方の攻撃力UPは当初25%でしたが1日も経たずサクッと10%に落とされたそうです。またGumiがやらかしたか、とも思いましたが常時25%は強すぎですので当然の措置だったと思います。
さらにスキルも優秀で、範囲がイヤに広くて独自(たぶん)モーションのため発生も妙に早いです。その上後述の武器を装備すればHP回復もできてしまいます。ちなみにそのモーションは腕を広げてその場で回転する、いわゆるダブルラリアットです。これでそこらの武器持ちより広範囲をカバーするのですから凄い漢だ。あいや女だった。

さて、この時手に入った武器は彼女の付けている猫グローブ、Battler Pawです。アビリティが強力で、なんとスキル攻撃で与えたダメージの15%分自分のHPを回復します。
当然 Ronda にしか似合いませんし、性能もスキル範囲の広い Ronda にぴったりです。ちょっとバフを乗せて敵3体も巻き込めば簡単に全快します。マナ管理を怠らなければアタッカーだけでなくタンク的な使い方もできるのです。強いにゃ。
rondapaw.jpg
……ただし、実際に付けてみると何故か右手だけ色合いが明るくなってしまいます。これ、影とかじゃなくて常にこんな色違い状態なのです。もーーーちょっとで良いから、気をつけて開発してくれないもんですかねぇ、Gumi。


Stonewall Champion San-San (★5 コスト16 騎士 突)
17sansan.jpg
LV 60 : ATK 7000, HP 6000
LV 80 : ATK 9000, HP 8000
スキル : (突進範囲攻撃・2マナ) 8倍、吹き飛ばし
アビリティ : 全状態異常無効&HP1/3以下でダメージ50%減、離脱時に1度だけ復活(HP3500回復)
CV : 丸山有香
登場ボイス : 「防衛なら俺に任せとけ!」
スキルボイス : 「簡単に通れると思うなよ!」"You're not getting past me!"
メモ : 防衛に定評のある妖精の傭兵騎士です。ええ、土妖精なんです。どう見ても土妖精と火妖精を混同したデザイン&ネーミングですが、イラストレーターか発注した人が間違って覚えていたんでしょうか。それともハーフでありますか!?
そんな彼ですが、性能はガチです。戦士並みの攻撃力に範囲攻撃スキル、初期URのコストの低さ、銀狼の加護もないのに状態異常無効、オマケに復活付き。与ダメをブーストする要素がないのが玉に瑕ですが、何処にでも連れて行ける性能です。
しかし彼が最も得意とする戦場は、CCGオリジナルコンテンツの Colosseum、疑似対人戦(PvP)です。2マナスキルならプレイヤーキャラを屠るのには十分な威力がありますし、PvPで最も気をつけないといけない状態異常と敵スキルによる一撃死のどちらにも対応できる絶妙なアビリティの組み合わせ。コロシアムのために作られたキャラという見方すらできます。

この時の武器入手クエストは2本立てで、彼には Emerald Striker が用意されました。こっちはクリア型クエストだったので、楽に入手できた人も多かったと思います。
アビリティはありませんが攻撃18の優れた突武器です。デザインはイラストどおり、緑と灰色を基調にしたテーパー状の槍で、彼以外に合わせてコーディネートするのは少し難しそうに思えました。でも性能よりもデザインよりも何よりも、名前が格好いい武器だと思います。



151201.jpg 151130.jpg
続いては12/1。なんとリング交換キャラとしてオリジナルキャラが入ってきました。この前日、11/30には第2部第2章が実装されており、嬉しいことに新武器種である銃キャラです。
ちなみにCCGのリングキャラは何故か早い段階から復刻が相次ぎ、本家に比べてリリースがかなり遅れています。次はソロが来る順番だったのですが、この Nikolas のせいでさらに遅れたわけです。

Haughty Machinist Nikolas (★5 コスト16 弓使い 銃)
18nikolas.jpg
LV 60 : ATK 6000, HP 3200
LV 80 : ATK 8000, HP 5200
スキル : (直線範囲遠隔攻撃・1マナ) 3倍、吹き飛ばし
アビリティ : 必殺技に50%の確率でスロウと毒を付与、必殺技の威力1.5倍
CV : 増元拓也
登場ボイス : 「錬金術界で俺に分からない事なんてないぜ」
スキルボイス : 「こんなの、喰らったことないだろ!」"Are you even comprehending my ingenuity?"
メモ : よその大陸から来た錬金術師かつメカニックで、メルティオールを尊敬して賢者の塔に出入りしているそうです。キャラのノリはほぼイザヤを思い浮かべて貰えればOK。
特記すべき事項として、彼は von Helmutt というファミリーネームがあります。チェンクロ世界でファミリーネームというのは王家ですら無かったと思うのですが、別の大陸出身なのでそういう文化の土地もある、と解釈できます。
性能は癖も強みもない銃使いです。アビリティを両方ともスキルの強化に使われちゃってるのが痛いですね。URとしては寂しい気がしますが、まぁリングで交換できる……というかチャレンジガチャからぽこぽこ出てきてくれたので多くの人が4凸できるというのが最大の利点でしょうか。
あと、地味に1マナ貫通でボスや盾の後ろを一掃できるのは便利ですね。魔法使いのスキルに比べれば発生も早いし、上手くすればボスを状態異常にする事もできるわけです。

この時は彼に合ったデザインの銃も入手できました。その名も X-0216 Handgun 。ただ、クエストの実装が Nikolas よりも1日早かったのでバルトロ用かな、にしては変なネーミングだな、とプレイヤーを困惑させました。
この銃のアビリティは通常攻撃時に一定確率でダウン付与という凄いもの。一説によると確率は3%と低めですが、攻撃間隔が短くスキルも間隔キャンセルであるミラに持たせるのが一番効果的でしょう。
でもデザイン重視なら、結構メカメカしい銃なので男キャラの方が似合うと思います。と、バルトロに持たせた自分を慰めてみる。



以上がv2以降に実装されたCCGオリジナル新キャラ6体でした。今回は全てURで、1:1という奇跡的な男女比で実装されましたね。役割も様々ですが、CCGオリジナルコンテンツに特化したキャラが居たのが注目するところでしょうか。
また、第2部2章と本編のURキャラは軒並みコスト20になるなか、オリジナルキャラは16〜17と控え目です。未だ絆システムは実装されていないので現状コストに困ることはないのですが、後々これが有利に働いてきそうです。



……が、今回はこれで終わりではありません。
完全新キャラは以上ですが、12/21にCCGオリジナルキャラ4体がイベント限定バージョンでやってきたのです。と言うわけで実装されたてほやほやの情報をお届けしましょう。
時はまさにクリスマス。ちまたのネトゲは大概便乗イベントを企画しますが、そこはCCG。グローバルと謳っていてもその実態はアメリカ版。そう、本場アメリカのスタッフが贈る渾身のクリスマスイベントなのです!!
果たしてその内容はッ!!

151221.jpg 151221_.jpg
サンタガールレイドだっ! CCGオリジナルの人気(?)女性キャラがサンタコスになって帰ってきたぞ!

……なんだろう、この日本的なダメさをトレースしたようなイベントは。本家でも既存キャラにサンタ服を着せるようなベタな真似はせず、赤い衣装の冬祭りキャラを出すにとどめているのに……。まぁ、浴衣着せられた人たちは居ましたが。
しかもこれ、モアネットの踏破の翌週なんですよ。育成期間がないのはCCGではいつものことですが、大型イベント連チャンってのはマジどーなんですか。

まーそれは置いといて。これらサンタっ娘たちはコスト・パラメータ・スキルはほぼ元バージョン(v1)のまま据え置きですが、アビリティの方向性が違っていて中々面白いです。前回記事と見比べて貰えると楽しめるかと思います。
また、なぜか本家と違ってv1とv2を同じパーティに入れることが可能です。まぁ、カインとかは無理ですし今後本家v2キャラが増えてきたら整合を取るために修正される可能性はありますが……。自分絆ができたら強そう。
また、当然ですがガチャ産の3名はレイド中は特効キャラでした。どんな武器でもボスに対してダメージ5倍、レイド中2倍の武器を付ければ10倍という破格の強さに。これは欲しくなりますね。ええ、決してサンタギャル目当てとかでなく。

Jubilee Champion Freya (★5 コスト16 騎士 斬)
19freya.jpg
LV 60 : ATK 5300, HP 8900
LV 80 : ATK 7300, HP 10900
スキル : (自己バフ・2マナ) 攻撃力1000%増、被ダメATKの9%減、5秒
アビリティ : HP1/2以上の時攻撃力15%増&1/2以下の時被ダメ15%減、攻撃間隔短縮(1.25秒毎)
CV : 相川 奈都姫
登場ボイス : 「みんなの夢、全力で守ろう!」
スキルボイス : 「パーティの邪魔はさせない!」"I won't let you spoil our celebration!"
メモ : ずいぶんかわいらしくなった Freya です。パラメータはちょっと攻撃的になっています。こんな服着せられてキレ気味なのかも知れません。
アビリティはWave回復を捨て、戦士よりも早く攻撃するようになりました。これは単純に通常火力UPというだけではなくFreyaには非常に大きな意味を持っていて、スキル中の最大攻撃回数が2回から3回に増えたのです。
スキル中の攻撃力は11倍ですから、理想的な状況では2マナ11倍x3の攻撃スキルに匹敵します。さらにクリティカルのチャンスもあり。素のATKも上がってますから、これはかなりの強化で、前述の通り対魔神攻撃力が10倍になっている今回のレイドでは完全に主砲です。

ちみにこのサンタ服ですが、SDになると帽子の緑色が目立って、サンタというよりはサイケおしゃれさんの様相です。
そしてレイド特効武器の Solstice Blade もクリスマスカラー。持たせるとよく似合い……
freyasolstice.jpg
怖ッ!? なんか禍々しくないこの剣!? 何で刀身真っ赤にしちゃったのGumi!


Festive Vigilante Robyn (★5 コスト16 弓使い 弓)
20robyn.jpg
LV 60 : ATK 6900, HP 3900
LV 80 : ATK 8900, HP 5900
スキル : (ランダム攻撃・1マナ) 2倍x4回
アビリティ : 単体Wave回復15%、通常攻撃で時々凍結&凍結状態の敵にダメージ2倍
CV : 北原 知奈
登場ボイス : 「このプレゼントには触れさせないよっ」
スキルボイス : 「キャンディステッキでも喰らいな!」"My arrows look like candy canes!"
メモ : ネコミミがサンタ帽を突き破った Robyn です。耳寒そう。肩書きを見る限り祭の警備をしているはずですが、こんな格好する必要あるんでしょうか。
しかしパラメータは両方増加。案外気に入ってるのかも知れませんね、サンタビキニ。
アビリティにはWave回復が付きました。しかし凍結付与がスキルから通常攻撃に移ってしまい、スキルを適当にぶっ放せばぽんと大ダメージが出たりはしない仕様になりました。まぁ、前は1マナで強すぎ(理論上最大20.8倍)ましたから、マイルド調整なのでしょう。
気になるのはスキルボイスとテキスト。キャンディステッキみたいな矢ってちゃんと飛ぶとは思えないんですが……。

なお、レイド特効弓の Solstice Bow はイラストに描かれた紅白ラッピングの弓です。おめでたい色合いなのでレイド期間中に複数確保しておきたいところです。なんとか2本余剰在庫を確保できました。


Holiday Helper Danielle (★4 コスト12 僧侶 聖)
21danielle.jpg
LV 50 : ATK 4900, HP 3700
LV 70 : ATK 6700, HP 5500
スキル : (全体回復・2マナ) 30%回復、全状態異常回復
アビリティ : 通常回復量5%増&回復範囲拡大、宝箱ドロップ率増
CV :
登場ボイス : 「寒い季節だから、みんなで一緒に楽しもうよ」
スキルボイス : 「私の気持ちを受け取って!」"It's not much, but I hope you like it!!"
メモ : かわいい。何がかわいいってそりゃあんた手乗りミニフクロウですよ。それからウサギもかわいい。ついでに Danielle ちゃんもかわいい。他のキャラに比べて露出が控え目なところに好感が持てます。ボイスと台詞はちょっと可愛らしさを強調しすぎで逆に冷める系統ですが。
なお、以前のイラストでは分かりにくかった胸部の平坦さが光るイラストですが、何度も言うようにダニエルちゃんは男の娘ではなく女の子ですのでそこんとこよろしく。
パラメータは少しHP寄りに調整されました。アビリティは完全に別物で、メインでも使えるように調整した……のかと思いきやハッピートレジャー系のアビリティも習得してまたサブ感が満載です。多芸な娘ですね。
ちなみにこのキャラもレイド特効で対魔神5倍ダメージが出せました。さすがに特効聖武器はありませんでしたが。


Black Diamond Demon Hannya (★5 コスト17 戦士 斬)
22hannya.jpg
LV 60 : ATK 6400, HP 4400
LV 80 : ATK 10000, HP 7200
スキル : (自己バフ・1マナ) 攻撃力100%増、被ダメATKの7%、20秒
アビリティ : HP1/3以下で攻撃力&防御力50%増、離脱時1度だけ復活(HP2500回復)
CV : 池田海咲
登場ボイス : 「どんな雪山でもこの華麗な滑りで制覇してやる」
スキルボイス : 「この新技、見せてやる!」"Ha! Check out my new trick!"
メモ : 今回の魔神です。堅物の傭兵にサンタの格好させたらキレてスノボで襲いかかってきたでござる。どーすんだGumi。どーしてこーなったGumi。……というストーリーかどうかは分かりませんが。キャラクエやってもスノボに燃えてるだけで襲ってくる理由は出なかったよなぁ……?
パラメータは元々攻撃偏重なところをさらに特化。v1よりもコストが増えてるくせにHPが下がるほどの偏りっぷりです。
アビリティの変更も大きく、鬼の剣術系を全て忘れてしまっていますが、低HP時バフと復活のアビリティ、そして相変わらずのハイリスク自己バフスキルと分かりやすいコンセプトのキャラになっています。
「新技」という割に性能面はv1とまったく一緒のスキルですが、消費マナが2から1に減っており、なおのこと上記コンセプトを推奨する方向性になっています。いやでも20秒は長すぎて使うの怖いんですが……死んでも復活するから気にすんなって?

どうでも良いことですが、キャラクエではユグド大陸のウィンタースポーツ大会への意気込みを見せたり、逆に九領のホリデー(笑)の祭を紹介したりしてくれます。
holiday.jpg
……って、んな祭あるかいっ!



以上、これで第2部以降のCCGオリジナルキャラの紹介は本当におしまいです。総勢10名、いかがでしたでしょうか?
冒頭にも書いたように最近ミス連発のCCG運営陣ですが、オリジナルコンテンツやこうしたオリジナルキャラは中々面白いので、なんとか立て直して頑張って貰いたいものです。
この記事を読んでCCGが気になったチェンクロプレイヤーの人は、試しにプレイしてみてはいかがでしょうか。きっと新鮮な気持ちで遊べると思います。
また、日本のゲーム運営会社がどれだけ丁寧な仕事をしているかがよ〜〜〜〜く分かると思います。
posted by ひろし at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431392879
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック