2015年05月25日

ミウらて 雑感

Kyanpisia様で公開されていますフリーのアクションゲーム、ミウらて-イノセントアルテア-をプレイしてみました。
こちらは以前プレイしたフリーのお色気格ゲーfloating pallet(以下fp)を制作したチームの作品で、旧作のリメイクだそうです。旧版はプレイしたことはありませんが、少なくとも全体的に絵が書き換えられているようですね。
「弾幕アクション」と書かれていたのでシューティングゲームかなと思ってスルーしていたのですが、気が向いたのでダウンロードしてプレイしてみました。
ふたを開けてみると格ゲーツクールで作られたアクションゲームだったので意表を突かれましたが、プレイしてみると不思議な魅力がありハマってしまったのでプレイ記を書いてみようかなと。

以下、ネタバレがありますのでお嫌な方はご注意下さい。



ダウンロード、解凍してプレイ開始。前述の通り勝手知ったる格ゲーツクール製なので操作等に困ることはなさそうです。
ツクールの宿命でタイトル画面とキャラ選択を挟みますが、選択肢は無し。主人公の魔法少女ミウさんを選ぶと、下のような操作説明が出てきます。
miurate_tut.jpg
なるほど、無敵のダッシュがキモで、ショットを打ちつつダッシュで避けるゲームなんだなーと読み取れます。
さあステージスタート。スライムが1体出てきて戦闘開始しつつ、バックでミウさんがストーリーをモノローグで語ります。テンポが落ちないので良いですね、この方式は。内容はさておき。
スライムはぽむりんと呼ばれる生物らしく、まぁ見るからに楽勝楽勝。操作感を掴みつつ肩慣らしと参りましょう……。


miurate_1-1.jpg

負けました。そして脱がされました。


操作性悪すぎ! 攻撃力弱すぎ! 防御力弱すぎ! あたり判定広すぎ! 何だ!? この主人公!
スライムぽむりんはゆっくりした体当たりと弾速の遅い遠距離攻撃しかしてこないのですが、こちらの動きが悪いこと悪いこと。
致命的なのはショットの硬直で、発動前後に0.5秒程度の大きい隙ができます。射程も画面7割くらいなので、画面端まで離れて安全にショットというわけには行きません。で、当ててみるとこれが敵の体力の1/10も削れません。
で、うっかり敵の弾を喰らうと、1/5もってかれてダウンします。起き上がりに無敵なんてないので、弾が重なっているとまた喰らってダウンします。5発喰らえばさようなら。
無敵ダッシュは確かに無敵なので弾をよけて突っ込めるのですが、突進すると今度は体当たりの餌食に……。
ちなみにがんばってぽむりん一体倒しても、また次のが湧いてでます。さすがにこりゃ厳しすぎるだろうと思い、色々試してみました。

すると、操作説明に載っていない技が出るわ出るわ。
とりあえず主軸となる攻撃はショットではなく、ボタン3の近接攻撃だということが分かりました。
miurate_tut.jpg
ボタン3自体が載ってねぇ! こいつワザとやってんのか!? 
と言うわけで、ちゃんと操作をリストアップするとこんな感じになります。↓
1ボタン(A) 左右と同時押しで無敵のダッシュが出せる。ダウン中にも出せる。攻撃ボタンで特殊攻撃に移行。
2ボタン(S) ダッシュ・ジャンプの急停止。
3ボタン(D) 近接攻撃。主力の攻撃手段。連続で押すと3連撃になり、最後は打ち上げで相手を浮かせる。ダッシュからも慣性のついた攻撃が出せ、3連撃に持って行ける。ジャンプ・必殺技でキャンセル可能。
4ボタン(Q) ショット1。地上でも空中でも水平に撃つ。ダッシュ中に打つと「シューティングモード!」と叫びつつ3連発になる。……ってことはやっぱり普段は近接モードなんじゃないか(怒)!! ジャンプ・必殺技でキャンセル可能。
5ボタン(W) ショット2。地上で斜め上に、空中で斜め下に撃つ。弾道以外はショット1と同じ。
6ボタン(E) レバーと組み合わせて押すことで必殺技が発動する。ゲージ1マス消費、無敵かつ高威力。チャージショットってネーミングは完全に罠だと思う。
 ↓+6 ハイドロアーチャー その場から前方に放射する技。範囲は半画面程度で3ヒットする。
 ↑+6 アクアライジング 垂直上昇しつつ、5ヒットする。ダメージ量は最大。主力兵器
 →+6 レディエンススラッシュ 前方に突進、2〜3ヒット。無敵で横移動できるので、攻撃兼弾よけに使いやすい。
 ←+6 追撃 敵の動きが短時間停止し、一方的に動くことで連続技に持ち込める技。これだけ無敵時間がない。ぶっちゃけ使いこなせてないので恩恵は不明。
なお、上記の行動は全て空中でも出せます。全部使いこなせばかなりの機動力です。
さらに、付け加えるなら重要なシステムとして以下の物が挙げられます。
ダウン 無敵で、↑を押すかダッシュをしない限り継続。ただし、継続中は必殺技ゲージが減少。
かすり 敵弾がミウに近づくとCHARGEと表示され、必殺技ゲージが増加する。いわゆるかすり点相当。
と、ここまで理解すれば割と楽になります。というか、全貌が把握できたのはラスボスまでいってからでしたけどね……。

ゲーム構成としては、基本的にそのラウンドに登場する敵を倒せば次のラウンドに進み、偶数ラウンドがボス扱い。4ラウンド(ステージ3は2ラウンド)クリアするとステージクリアで、全4ステージという案配です。
ゲーム難度としては結構厳しく、各ステージのラストに登場するボスは、まず初見では無理だろ、って感じです。コンティニューは無限なので、何度も死んで覚えることになります。
特に難所と思われるところ(2-4、3-2、4-1、4-4など)では突破するのに1時間くらい余裕でかかってしまい、トータルでかかった攻略時間もかなりの物になりました。

ですが、不思議と止めずに続けられたんですよね。というか、止められずについつい最後までプレイしてしまったというのが所直なところです。
それは何故か。おそらく、ステージの構成が実によく出来ていたのだと思います。
上に書いた通り、最初のステージ(1-1)では、チュートリアル通りに動いても普通に勝てない、勝てても至極面倒くさい設計になっています。ここで、チュートリアルに書いていない近接攻撃と必殺技をプレイヤーが見つけることで、「主力は近接→必殺」ということと、「チュートリアル以外の行動をする」ことを学び取れるわけです。
それ以降のステージもこんな感じで、1-2では複数の敵のさばき方、1-4ではボス戦のセオリーを学ぶような構成になっています。続くステージ2では2-2で空中の敵への対処を練習し、2-4で空中ボスという構成。ここではショットの有用性が学べます。3-2ボスはダッシュの停止が大事で、それは4-1、4-3、4-4で必須テクとなるわけです。
終わってみると上に書いたようなゲームシステムが一通り網羅出来るようになっていたわけです。よく出来ているなーと感心しました。

ちなみに、ラスボス4-4では空中停止を使ったカスリ狙いが学べます。ラスボスで学んでどーするんだ、とも思いましたがクリア後にこんなメッセージが出てきました。
miurate_end.jpg
階級というのは、画面左上の体力ゲージ等が表示されるところに出ている「Lv01 見習い」とかいうアレです。
これはダメージを受けずに攻略を進めると1ラウンドごとに2個くらい上がるものですが、上がったからと言って攻撃が強くなるわけではありません。ちなみに一発攻撃を食らうと1〜2下がります。簡単に下がるので、基本的に1のまま進んでいました。
これを高くしろ、ということはつまり、ノーダメージプレイが前提となるわけです。コンティニューしまくりでクリアしても何の自慢にもならんぞと。アレだ、やっぱりシューティングゲームのノリなんですね、このゲーム。
でもまぁ、詳しくは語りませんがステージ4以降のひどさを考えるとノーダメージどころかノーコンティニューも厳しいこと請け合いなので挑戦はしないと思います。


なお、ゲーム面以外では要所で会話デモ(フルボイス)が入ったりお色気一枚絵が出てきたりします。正直、エロ目的でやるには労力に見合わない難度だと思いますが、それ目当てにがんばるのも良いでしょう。
ストーリーはfpよりはしっかりしています。ただノリは似た感じで、いわゆる中二全開な話とネーミング、そしてうんざりするようなアニメパロディの台詞回しが主体です。
まーこの辺は好みは分かれるでしょうが、ゲーム部分は素直に面白かったので私としてはおすすめのゲームです。

なおKyanpisia様のページでは今はこちらが公開されており、代わりにfpがダウンロードできなくなっています。掲示板を見ると排他的に公開されているようで、fpがバージョンアップした時はミウらては消えてしまいそうな感じです。
少しでも気になる人は今のうちに入手しておくと良いでしょう。
と言うことで今回はこれまで。ひょっとすると次は攻略記事を上げるかもしれません。
posted by ひろし at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック