2015年04月23日

ドラゴンクエストヒーローズ (2)

発売直後に触ってそれ以降放置していたドラゴンクエストヒーローズを再開しました。
触らない間に毎週無料DLCが配信され、続編制作が発表され、と大人気作になったようですね。

というわけで今更語ることもないようなゲームですが、一応続きはネタバレを含むので折りたたみます。



2つ目の町で発明家ジュリエッタを仲間にしたところから再開。
ここをクリアしたら彼女の発明品である空艦という浮遊要塞が拠点になり、世界中を飛び回れるようになりました。
こんな感じで基本的に1つの都市で4〜5ミッションやって、最後に大ボスを倒すと次の町へ、という流れみたいですね。
そして新しい都市に進むごとに新たな仲間=旧ドラクエシリーズのPCたちが参戦します。タイトルがヒーローズなだけあって、本作オリジナルの主人公たちよりもむしろこちらが目玉なのでしょう。ちょっとかわいそうですが。

最初に仲間になるのはドラクエIVからアリーナ&クリフト。PS版でみょーなキャラ付けをされた影響で、同じようなことしか喋らないのが残念ですね。アリーナはバトルジャンキー、クリフトは姫様or高所ネタ。もーちょっと自然に喋らせようよ……。
お次はVIからテリー。こちらはキャラ的に良い感じですが、常にツンケンしているので仲間になる、和を乱さないのがちょっぴり違和感あるかも。でも鳥山絵を見ているとピッコロさんやベジータを思い出してなんかアリな気がしてきますね。
続いてVIIIからヤンガス&ゼシカ。がす、げすという語尾がちょっとぎこちないですね。ゼシカは可も無く不可も無く。このあたりからキャラが多すぎて扱いに困るようになってきました。
そしてVからビアンカ&フローラ。ちょっと加入時のエピソードが結婚とか幼なじみとかに絡めすぎぢゃないですかね。
あと、まだ出てきませんがさらにマーニャが控えているわけですから……女&魔法キャラ多すぎ

で、まぁ思ったのが全体的にキャラ付けや動機の説明がクドすぎるということですね。
せっかく夢の共演なんだから、もうちょっと自然にいろんな組み合わせで会話させて欲しかったです。仲間同士の会話もあるのですが、どれもキャラ付けの裏付けや原作のエピソード紹介みたいなのばっかりで……。
アレですかね。版権を得て外部で作ってるからあまり勝手な会話は作れなかったとかそんな縛りがあったんでしょうかね。
そしてその不満に拍車を掛ける会話テンポの悪さ。この辺は続編に改善を期待したいですね。

ゲーム的な使い勝手としては、気に入ったのはテリー、ヤンガス、フローラです。
テリーは縦回転高速移動が気持ちいい、ヤンガスは溜め攻撃の魔神斬りが気持ちいい、フローラはイオナズンが気持ちいいしシャボン玉の多段ヒットも面白い。
逆に使いづらいと思ったのがアリーナ、ゼシカでしょうか。アリーナはなんと言ってもリーチが短すぎ。もうちょっと足が速ければ使うんですが、他キャラと大差ありませんし。ゼシカはマヒャドの狭さ&短さがネックで爽快感が足りない。他の大魔法、ギガデイン・バギクロス・イオナズンはぶっ放すだけで気持ちいいのになー。
でも魔法キャラはそれぞれ1属性に絞っているので、出現する敵に合わせてキャラを選べば有利にことが進められそうです。キメラはバギでよく落ちるし、ゴーレムはヒャドで凍りますし。戦略的に、魔法キャラが多くなるのは仕方が無いのかな……?

とは言っても一番使えるのはやはり主人公のアクト君。遠距離の敵はスキルで吹っ飛ばせるし、近距離は通常攻撃でどんな敵とも立ち回れます。得意のライデインは大体の敵に効くし、キラーマシンが出たらでショートさせられるのも強みです。
1体の敵に対して大ダメージを与えるような行動がないのがちょっと残念ですが、その辺はヤンガスに譲りましょう。

ストーリーの方は折り返しといか、全国を回って都市を魔物から救いましたが、本命本丸の世界樹に攻め込まれて女主人公のメーアが捕らえられた、というところまで進みました。
相変わらず、「魔物と共に暮らしてきた」という割には簡単に魔物を敵視し、容赦なく斬り伏せていく主人公たちの行動には違和感を覚えますが、ストーリーはドラクエ的な王道感があってまずまず。
オープニングの共存さえ無ければすんなり話に入り込めたんでしょうけどねぇ……。どうしてこんな設定にしてしまったのやら。
クエストシステムでも討伐依頼みたいなのが来るのですが、一般人も割と気軽に討伐や素材集めを頼んできますし。結構どーでも良い理由で討伐を依頼されると、魔物との共存の裏でどれだけ負の感情が渦巻いていたんだろうと暗い気持ちになりますね。
……まさか、共栄社会を推進する国王に意見するため、魔物の凶暴化を機に依頼という形で国民の声を届けているとか……?



まーそんな感じで今回はここまで。キャラが増えるペースが早くて追いつけていませんので、まだまだ遊べそうです。
posted by ひろし at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック