2014年05月11日

SOULCALIBUR Lost Swords 雑感

PS3で配信されておりますミッションクリア式対戦型格闘アクションゲーム、ソウルキャリバーロストソーズを最近プレイしております。
3D格ゲーソウルキャリバーシリーズの最新作なのですが、どちらかというと格ゲーのルールを使ったアクションゲームが中心のいわゆるソシャゲなので、番外編という位置づけで遊んでおります。
始めたのは稼働からしばらくしてからで、だいたい合計1ヶ月半ほど遊んだ(ログインボーナスが45日分になった)ので感想などを書いてみたいと思います。


まずゲームの概要ですが、プレイ無料なので自分で試してみるのが一番早いです(ぉぃ。まー簡単に言うとCPU戦のみの格ゲーで、キャラの成長と装備でのパワーアップ兼見た目カスタマイズがある感じです。
ソシャゲ的な要素は、遊ぶために時間回復するスタミナ的なポイントのAPが必要なのと、それらの回復アイテムや強力な装備(ランダム式)を有料購入できること、あたりですね。交流という意味でのソーシャル感は非常に薄く、戦闘中に他プレイヤーの育てたキャラクターをサポートキャラとして呼び出せる機能があるだけです。
格ゲーのCPU戦が好きで、特にソーシャルな交流も求めていない私には割とぴったりなゲームですね。まぁ、1回300円もかけていわゆる「ガチャを回す」気にはなれませんが……。

プレイ記というか、これまでの私のプレイ状況を簡単に言ってしまうと、下のようになります。
・もともと御剣使いだったので御剣を選択
・ノーマル前半は楽勝。Lvアップ時のAP回復があるので特に最序盤はまとめてプレイできて楽しい
・Lv4〜5くらいでLvアップが落ち着くと回復薬に手を出したくなるが、これは罠だとぐっと我慢。最初にハイペースを体験させるってうまい構成だなぁ(ソシャゲの常套手段なんだろうけど)
・数日プレイすると意外と回復薬やコンティニューチケットはホイホイ貰えるので金を払う必要を感じなくなる
・ノーマル後半の難度上昇でチケット等を使い始めるが、無料配布分で十分(Lv10くらい)
・この辺からキャラ解放の時限イベントにも手を出すが、確率的に当たらず泣く泣く期限切れ
・攻撃力の高い武器とか欲しくなる。でもやっぱガチャは高いと思い我慢
・ノーマル続章に突入、経験値が高いのでぐんぐんレベルアップ。続章制覇時Lv16
・レア武器漁りを始める
・ピュラ解放イベントあたりから本気で解放と時限レア防具を狙う。解放は楽勝だったが期限内のレア引きは厳しく回復薬を使ってなんとか1着ゲット
・アナザーイベントを進めつつ、2回目の解放イベントが始まったので順次解放とレア漁りに精を出す <今ここLv25


で、感想です。まずはアクション部分について。
遊んでみてまず気づいたのが、これまでのシリーズから技の数がかなり減っていることですね。まずA+B同時押しがゲージ使用技に割り当てられたので同時押し系の技がごっそり無くなり、少なくとも御剣にはAK同時押しもありません。
それどころかA始動の連続技は2種類、B始動も2種類だけ。途中で下段に派生とか一切ナシ。それ以外は分岐する技自体が無く、SC4の頃と比べると攻撃手段が半分以下になったんじゃないかと思います。
最初は何じゃこりゃと思ったのですが、本腰を入れて格ゲーを攻略することなんて久しくやっていなかったので、逆に取っつきやすくて良いなーと転向。敵の動きもパターンが限られるので、対策がとりやすいですしね。
このあたり、カジュアルゲーマーを対象に調整したんだろうなと思いますが、良い判断だと思います。選択肢の多さは即ち取っつきの悪さですしね。対人戦も無いので、択を迫るような分岐は必要ないということでしょう。
それと同時押しが減っているのはパッド使用を前提にしているからでしょうね。LRに登録されていないB+Kだけは残っていますが、A+Kに比べれば押しやすいですし。

他に良いなと思ったのは、敵の設定ですね。CPU戦しかないゲームなのでここに力を入れて貰わないと困るのですが、なかなかよく出来てます。
まず外見。基本的にエディットキャラが出てくるのですが当然ながら割とまともな服装・武装で出てきます。属性の色にまとめられるので統一感が出るんですよね。正直、過去作でも今作でも自力エディットでは全然センスの良い格好が作れなかった私としては、初めてエディットの良さが分かりました。
それと、ゲームの肝である敵のアルゴリズムも結構個性があってなかなか○。だいたいの敵はB連打で倒せるのですが、軸移動を多用する敵、ガードが堅い敵など、対処を変えないといけない奴らもちらほら居ます。
クエスト内で出てくる敵は固定(例外もある)なので、なかなか勝てなくても敵に合わせた有効な戦法を試行する楽しみもあるわけです。どうしても勝てなかったらコンティニューチケットでごり押せますしね。


と、良いところを挙げた後で悪い点ももちろんあります。
まずなんと言っても通信による待ち時間の頻度と長さが尋常で無いこと。メニュー間の移動だけでも5秒近い通信をするって一体何をしているのかと。まま起こるアクセス障害と区別しづらいので何とかして欲しいところです。
後は、ノーマルモードのクエストにストーリーらしき数行の文章があるのですが、これが全然使用キャラを反映していない点が大いに不満です。これなら個性のついた既存キャラを操作させるんじゃなくて、それこそエディットキャラを操作した方が良かったんじゃないかと思うんですがねぇ。
後は、CPU戦だけなんだからもっと格闘部分のルールを大味にしても良いと思うんですけどねぇ。現状、リングアウトすらないストイックな殴り合いですが、それこそソウルエッジの時代から特殊ルールステージみたいなのがあったので、そーゆーのを採用すべきだと思います。例えばSC3のロストクロニクルズにあった強風が吹いていてるステージとか。
その他、レア装備の出づらさやスキル強化成功率の低さなんかは閉口することが無いではないですが、有料装備を売るための調整だと思うのでまずまず納得して(諦めて)プレイしています。


……といった感じでしょうか。なんだかんだで楽しめているんだと思います。
御剣以外のキャラを育てていくことは無いと思うのですが、やっぱ少し触ってみたいというのと、収集の楽しみもあるのでキャラ解放クエストには前向きに挑戦しています。
今のペースだと通常クエストを制覇する前に追加が入っているので「やることが無くなる」こともしばらく無さそうですし。
しかしこの手のソシャゲは携帯機の方が儲かると思うのですが、PS3以外には展開しないんでしょうかねぇ。据え置き記は起動が面倒だから、Vitaに移植されてくれれば嬉しいのですが……。
posted by ひろし at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/396810835
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック