2010年09月03日

floating pallet 雑感

フリーソフトの同人格闘ゲーム、floating palletをプレイしてみました。
非常にエロいギャル格ゲーという評判を耳にして、女闘好きとしては興味が尽きなかったわけです。
こちらのゲーム、成人向けを公言しては居ませんが、内容がアレなのでカテゴリは18禁にしておきます。まぁ、同人ゲームなんて年齢制限以前のグレーさがあります(偏見)からねぇ。

と言うわけで、以下エロ描写にも言及するプレイ記ですので、お嫌いな方は閲覧されないようお願いいたします。



作者様のWebページよりダウンロード。な、なんか絵柄が不安を誘いますが、気にせず解凍してゲーム開始。この分野ではメジャーな、格闘ゲームツクールで作られたゲームのようですね。
キャラ選択画面。ほとんどのキャラが下着も露わに一言ずつ喋りますが、やっぱりちょっと絵が下手っぴな感じは否めませんね。
ここはとりあえず主人公……の発言がイタかったので、お嬢様風のキャラ綺亜を選択。

ゲーム開始。ゲーム中のキャラも割と不安な身体バランスです。とりあえず攻撃が強弱3ボタン、キャンセル専用のブーストボタンが加わって4ボタンなゲームのようですね。
少し技を空振りさせたり歩いてみたりすると、コマ数が少ないこともあり動きが固い印象を持ちます。が、ひとたびガードないしヒットさせれば、弱→中→強→レバー入れ→必殺技……とキャンセルが繋がりまくるので、見違えたかのように素早く動けます。
さらに任意のタイミングでブーストボタンを押すとキャンセル→ステップインできるので、慣れればかなりラッシュがかけられそうですね。……慣れないうちは、やられっぱなしになるだけなんですが。

とりあえず第一印象としては、全然的の体力が減らせないので、面倒臭いゲームだなという感じでしょうか。コンボゲーでコンボが出来ないなら当然と言えば当然ですが。
後は必殺技に強弱が無く、コマンドとボタンの組み合わせをちゃんと覚えないといけないのが少しまどろっこしい感じですね。レバーのコマンドは素直なのですが、ボタンに妙なこだわりが感じられます。
こだわりというと、超必殺技のコマンドが全キャラ共通(236236で1ゲージ、214214で2ゲージ技)なのですが、発動ボタンが「」というのは中々斬新ですね。今後、中や強を使う3ゲージ技とか出るのでしょうか。

そんな事を考えつつも、とりあえず基本の弱→中→強→236弱の連続技で勝ち進むと、3戦目でエロ画像デモと共に主人公登場。ホント、エロを前面に押し出しているゲームですなぁ。
段々敵が強くなってきて、5戦目でラスボス登場。前口上がガンダムのパロディのようですが、ボイス付きだと尚イタいですな。せめて変な改変せずに、元ネタ引用のままならまだマシだったものをっ……!
で、このラスボスが酷い酷い。何と言ってもこのゲームを象徴するという超必殺技が酷い。初段を喰らうとロックされて、キャラの大写しの絵をふんだんに使ってキス→貝合わせというレズレイプを見せつけられる、エロ狙いもここまで来るかという前代未聞の大技ですね。

最初はただエロいなと思ったのですが、徐々にその恐ろしい性能が明らかになって来ます。発生が早い中段の突進技で、武器を上に振るから対空にもなるという高性能。当たればロックの確率は9割以上で、4割程度のダメージを与える上と同時に仕掛けた側の超必殺ゲージも8割方溜まるので、喰らったら起き上がるまでに既に相手が次段をほぼスタンばらせるというからタマりません。
これだけでも脅威ですが、何より酷いのが演出時間。一発喰らうと30秒は何も出来ずに拘束されます。アレだ、サムライスピリッツ幻庵同じベクトルの嫌らしさですよ、このラスボス。

と言うわけで、敵のレイプ技を警戒しながら闘うと他の高性能の技に押されてジリ貧、無闇に攻めると割り込まれて30秒拘束というジレンマに苦しめられながら、何度もコンティニューしてようやくクリア。
……しかし、エンディングはありませんでしたとさ。うーん、まだ作られていないのか、特定のキャラじゃないと無いのか? 
残念ではありますが、ストーリー的な方面は余り期待できそうにないのでこれはこれで良かったのかも知れません。

気を取り直して、別キャラでプレイ……。と言う具合に、CPU戦を全キャラ通してみましたので個別の感想などを以下に書きます。性能面と、エロ面からの評価です。


・七色
脚が短い。それに尽きます。飛び道具が高性能だったりもしますが、主人公の割に使いにくい印象を受けました。安定する連続技が見つけられなかった(足払いが届かない)ので、ラスボス撃破を断念。
エロかったのは、2ゲージ超必殺の相手をまんぐりがえし状態で数秒固定する技でしょうか。ラスボスを見た後だと霞んでしまう恥辱技ですが……。

・綺亜
最初に使ったので上手く立ち回れませんでしたが、七色に比べれば使いやすかったんだなぁ、と。
エロかったのは、相手の首に跨って首をかっ斬る投げ技ですね。レイピアでこの手の技を使うキャラなんて初めて見ました。後は、尻だけで地面に接するしゃがみ喰らいポーズ。お前それ既にダウン状態じゃないのかと。

・こおり
手足が短いので弱いかと思いきや、案外使いやすかったです。ロック技の214弱からブーストで、地面にバウンドした相手に強、自分が着地したらすぐジャンプして中→強→214弱……というループが強力。いや、私がブースト連続技が苦手で簡単なこのコンボしかできないだけで、他のキャラも同じように強いんでしょうけど。ロック技を繰り返すので時間がかかるコンボですが、見ているしかないラスボスのアレに比べれば死ぬほど良心的です。
エロかったところは無し。

・能登
強攻撃の鎖振り回しが非常に強力。ジャンプして強、立って強、ゲージが溜まったら多段ヒットの飛び道具でとっても安定。中距離で振り回していたらラスボスにも楽勝でした。
エロかったのは衣装=パンスト。いや、木馬に2人乗りする2ゲージ技もまずまずエロいんですが、ラスボスに比べ(ry

・あずき
手足が長いので通常技が使いやすかったです。追加入力の必殺技は余り使いこなせませんでしたが、こういうキャラは好みですね。
エロかったのは衣装=全身タイツ。後は、尻だけで地面に接するしゃがみガードポーズ。お前それどうやって安定してるのかと。

・麻知子
動きが怪しく鈍重な投げキャラ……というか、打撃がヒットすると投げに移行するキャラ。結構苦労しました。
エロかったのは何と言っても2ゲージの超必殺投げ。ラフレシア(@ランブルローズ)の体勢から脚を羽ばたかせて上昇し、自分の尻で着地して相手にダメージを与えるバスター系(@キン肉マン)の技とは。個人的に、ラスボス以上にエロい技でした。

・千弦
立ち絵では2本持ってるっぽい刀を、何故か1本しか使っていない気がするキャラ。体が大きく得物を持っている癖に全体的にリーチが短いのが残念。使いやすい236中の突き技はあんまり格好良く無いですし。
エロかったのは衣装=黒パンツ。ロングスカートな分、他キャラよりも見えづらい希少さがエロさを際だたせていましたね。と言っても、8〜10割見えていたのが5割に減った程度の差ですが。


こんな感じでしょうか。他にも敵として出て来たキャラが居ましたが、どうも使えないようですのでスルーで。
と言うわけで、長くなりましたが一通り感想を終わります。
全体的に物凄く荒いゲームであるもののしっかり狙い通りのエロさは出ているし、ゲームとして成り立っているので十分楽しめました。
お気に入りのキャラは綺亜(キャラ的に)・あずき(格好的に)・麻知子(技的に)でしょうか。まだキャラの追加等が予定されている未完成品だそうですが、完成が楽しみです。
ラベル:単発 格ゲー win 女闘
posted by ひろし at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記(18禁) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック