2009年07月04日

Under the Moon (7)

Under the Moon(リンク先・18禁)プレイ記、最終回です。
総評。大変楽しめました。プレイ周りにストレスはなく、絵は上々。シナリオもまあまあ。エンディング数が多いためコンプリート難度は高めに感じましたが、グッドエンドを目指す分には程よい感じに思えました。
ただ残念だったのが、アクションシーンに緊迫感が無かったところ。敵からの逃亡やヒーロー同士の敵対など、話が盛り上がりそうなシチュエーションが多かっただけに特に気になりました。
お気に入りのキャラはとりあえず主人公・アーシェ。ネット上の評判では馬鹿だ奇乳だと叩かれがちですが、基本明るい子で話が楽しく読めました。でもやっぱ馬鹿かも。
ヒーロー周りではカイル。純愛ルートのバカップルっぷりが何ともですな。次点はぶっきらぼうにデレるお兄ちゃん、レニ
全体的にヒーロー同士の会話も多く見られたので、キャラクターが魅力的に見えて良かったですね。

さて、続きはネタバレ込みのプレイ記ですので閲覧はご注意を。



全キャラのエンディングはとりあえず見ましたが、バッドエンド周りが半分くらい埋まっていません。ということで、例によって攻略サイト様に従いつつ埋めにかかりました。
いやー、なんつーか死んだり殺したりしまくりですな。大抵異世界からの強制送還で済んでいたマイマスとは大違いです。流石は悪魔の姫、波瀾万丈の人生ですね。

特に印象に残ったのは瀬名のEnd Cでしょうか。アンバロ銀の短剣で瀬名を刺し貫き、復活した自身魔力と共に瀬名の同化能力まで手に入れたアーシェが、魔王として君臨する傍ら瀬名の面影を求めて捕らえた天使を同化しまくる『天使喰らい』になるという結末。
いやー、往年の名作「闘神都市II」と同ネタとは懐かしいねっ! 喰い方まで一緒だし。とりあえずこのエンディングのアーシェが作中最強キャラですね。
他には、バッドではなくスタッフロール付きでしたがゼロのEnd Bも中々ですね。果物ナイフ無双エンドの流れですが、的確に敵3人だけを屠って、その後ゼロと一緒に魔界の辺境に隠遁。魔王になるべき者が居らず、魔界崩壊エンドという救いの無いお話でした。なんつーか、極端だよね姫様。
ちなみにPS2版ではエンディングの差し替えはなしと言う噂ですが……ハーレムとか天使喰いとかもキスで済ますんでしょうか。領主へのセクハラはどーするんでしょうか。>ユナン

とまぁ、全キャラ全エンドを埋めた段階でご褒美CG(裸婦と黒服)がオープン。猥褻物隠しのよーに置かれた猫が笑いを誘……って、あれ、カイル2体居るぞ?
で、所々埋まっていないイベントを埋めるため何度か再プレイ。どうやら共通ルートの特定のシーンで別キャラと会わないと見られないイベントのよーです。
マイマスでもありましたが、これは結構難しいですよねぇ。そのイベントに至ればどのシーンが発生条件か分かる記述が出るのですが、そもそも行き着けなければ分かりませんし。
この特殊条件イベントの中だと、レニの花束イベントが良いですなー。胸元開けたままぽかぽか→「お、おまえ……バカか?」の流れが楽しい。虐めシーンもありますが、誘拐慣れしているアーシェは全く応えないご様子。こりゃ虐め側はむかつくだろーなー。
と、全イベントを見終えると、もう1つご褒美CGを入手。やはりカイルが2体居るのはご愛敬。



これにて終了。冒頭でも書きましたが、非常に楽しめました。
どうしてもプレイ済みのマイマスと比べてしまいますが、総合的に楽しかったのはUTMですかねー。ヒロインの体型・文章的にあちらの方がエロかったのでマイマスも捨て難いですが。
で、割と気に入ったシリーズなのですが、企画とシナリオをされた方が既に退職されているということで、今後の展開は無さそうですね……。
残念では在りますが、逆に完結しているとなると残りもやってみようかという気にもなったりならなかったり。
とりあえずファンディスクは店頭でもよく見かけるので、そのうちプレイする予定ということで。
posted by ひろし at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記(18禁) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122773477
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック