2009年04月29日

わたしの好きなマイナーエロゲ

he-na-he-na様の電波ゆんゆん@はてな出張版で開催されています、マイナーエロゲー発掘企画「わたしが知らないスゴエロゲは、きっとあなたがプレイしている」に参加します。
私の知らないところで有名なゲームかも知れませんが、本人がマイナーと思っていれば良いとのことなので、気楽に3本好きなゲームを挙げてみます。当然ですが、以下のリンク先は概ね18禁です。と先に断りを。


====
* HN:ひろし
* サイト名:あざやかなあさやけのはえるあさ
* ページURL:http://azaasa.seesaa.net/article/118259747.html



* 作品名:しすたぁ☆ボーイ
* 分類:商業
* メーカー:し〜くえんす
* 紹介文:女の子だらけの寮と学園が舞台の恋愛シミュレーションです。大きな事件が起こるわけでもなく、ボイスもなく尺もほどほどで、当時としても小粒なゲームでしたが、独特な会話の妙がとても印象的です。
「独特」と言ってもエキセントリックな台詞回しが出たり話題がキワどいとかではなく、普通だけれど何処か小気味の良い言葉の応酬と言った感じで、とても引き込まれるものがあります。
メーカーは活動を休止して久しいですが、体験版がまだダウンロードできるので、気になった人は是非プレイして、雰囲気を味わってみてください。物語中盤(個別シナリオへの分岐手前)までプレイできるので、ゲーム全体のボリュームも分かるかと思います。
今思ったのですが、何となくほのぼの系4コマ漫画とかに通じる魅力があるのかなとか思ってみたり。主人公を含め、全てのキャラが好きになれる良作です。でも一番は姫乃先輩




* 作品名:わたしのありか。
* 分類:商業
* メーカー:jANIS / ivory
* 紹介文:不可視の羽根っ娘(10万14歳)に取り憑かれた主人公が、魂の美味そうな女の子と性交を繰り返すという爛れたお話です。
全体に漂う退廃的な雰囲気が秀逸。病とか死とかがテーマのシナリオが多いこともありますが、絵と音楽もそれにがっちり合致しているのが実に素晴らしい。
好感が持てるのが、その暗い世界の描写が細部まで一貫しているところです。軽いネタバレになりますが、あるヒロインとのエロシーンで、体に残る大きな傷をしっかり描いているところに感心しました。
もちろん陰鬱とした展開だけではなく、濃いエロシーンや切ない恋愛、お涙頂戴のエンディングもありますので、エンターテインメント性も十分です。が、ゲーム的には難度が割と高く非常に面倒臭い向きがありますので、ストレス無くお話を楽しむためにも攻略サイトを見ながらプレイすることをお勧めします。
お気に入りのキャラは三田村さんちの巨乳の方。お気に入りの曲はタイトル画面の「偽りの狭間」と一般エンド歌の「Shooting Stars」。



* 作品名:鉄腕がっちゅ!
* 分類:商業
* メーカー:すたじおみりす
* 紹介文:
スマブラ風の対戦アクション+アドベンチャー(会話のみ・選択肢無し)なゲームです。前提として、「がっちゅみりみり放送局」というすたじおみりすのWebページ上で行われていたWebラジオが下敷きになっているので、知らない人には厳しいと言われています。
が、私はそんな事知らずに予約して買いしました。それはひとえに、女闘ゲーだから。
もちろんデフォルメキャラによるアクションシーンに色気なぞ全く感じられないのですが、その後にあるエロシーンは必然的に「勝った女 × 負けた女」になる(例外アリ)訳なのでそこから想像力で補完するも良し、単に強制レズとして愉しむも良し。
勿論使用可能キャラ別にシナリオがあるので、組み合わせもまま豊富。女闘・レズ好きにはもってこいの、まさに嗜好のエロゲーと言えます。
ちなみに会話はほとんど漫画・アニメネタやネットスラング全般で構成されているので、件のWebラジオを知らなくても割と楽しめました。よく訓練されたオタクならば問題ないでしょう。
……などと褒めちぎってますが、アクションにも爽快感が乏しくアドベンチャーももっさり重く、尚かつバグだらけで下手を打つとインストールすらままならないという一般には地雷扱いなのでご注意を。
と言うわけでキャットファイト好きでアクションゲームをたしなみ、糞ゲーに寛容で2ch用語に抵抗のない同志諸兄は手を出して損は無いかと思います。

====
以上です。
最近はあまりマイナーなゲームってやってないので、割と昔のタイトルに寄ってしまいましたね。というか紹介文の分量はちょっと多すぎたかな……。
タグ:女闘
posted by ひろし at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118259747
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック