2008年12月06日

ブランディッシュ〜ダークレヴナント〜に思うこと

日本ファルコムから往年の名作BrandishPSPに移植されることが発表されました。
私もこのゲームの大ファンですので、素直に喜んでいます。欲を言えば同タイプの新作が出ると最高だったのですが、まぁ高望みはしますまい。
そんなわけで今回は来年3月発売のこのゲームについて適当に書き殴ってみます。


とりあえずデモムービーを見る限り、システムは従来通りですね。嬉しい反面、ちょっと残念かも。
マスに区切られたマップを直線的に移動するだけなので、最近の自由に動き回れるポリゴンなアクションゲームに比べると、不自然で地味なんですよね。
とりあえずこの時点で若い層への受けは余り期待できないかな。まぁオールドファンは喜ぶでしょうし、今のファルコムのファン層を見ると懐古派が主流なので、この選択は仕方が無いのでしょうね。
個人的には、古いゲームは原作でやれば良いと思うのですけどねぇ。EGGなり、色々手段は整っている訳ですし。

まぁそれはさておき、以下デモムービーで色々分かったことを列挙。
・オート移動あり
・方向転換は従来の瞬間切り替えでなく、滑らかに
・衣装の変更がある
・ボスに恥ずかしい二つ名
・つーか知らないボスが居る
・アレスの攻撃が3連撃になった
・ステータス表示は、何かの経験値が上がった時のみ表示
・奥の表示は従来通り3マス程度だが、横が無茶苦茶広い
・ドーラのマップ名が「RUINS EX9」だ
・実はタイトルロゴ部分のフレームがPSP-3000だ

とまぁこんなところでしょうか。一番気になったのは、攻撃モーションですかね。なんか1、2段目がやたら軽く見えて悲しい。隙とかも変わるでしょうし、これだけで色々とバランスが変わりそうです。
後注目すべきは、ドーラモードだとマップが変わるっぽいことでしょうか。これはVT(4)みたいに、共通マップと個別マップという感じになりそうな気がします。
何はともあれ、ボリュームが増えることは嬉しいですね。


で、一番気になるのが操作性。
デモムービーの前に既に出たスクリーンショット(4Gamerの記事が見やすい)から、アナログパッドはアイテムショートカットに割り振られている事が分かりますので、移動は十字キーで行い、アナログパッドをポインティングデバイスのような使い方は無しでしょう。
Brandishシリーズはいつも左手は十字キー周辺に、右手はマウスで移動はキーボードばかりでやっていたのでこれは違和感なく馴染めそうです。

で、希望としてはLボタンにSHIFTと同じ役割(ジャンプ、横移動)で△・○で見る取る。□を攻撃(防御)、×は……なんかよく使う魔法ショートカットとかでRはRest(おおぴったりだ)、STARTボタンでメニューを開いて道具の整理やショートカットの編集や地図書きとかだと良いなーなどと思っている訳ですが。
……現実的には、LRが平行移動×がジャンプとかになるんでしょうなぁ、取っつき易さからして。SELECTボタンも駆使すればRestも出来るし。
でもやっぱオールドファン向けのゲームなら、前者の操作性方も選択できたりすればBrandishらしさが出て良いと思うのです。開発の人周りでもこういう声が出てくれればいいなぁ。
何せ発売まで時間はあるのですし、是非検討して貰いたい物です。

……隠しで、アナログパッドでカーソル移動・○×で右左クリックのフルマウスオペレーションモードを搭載してみるとか。
タグ:Brandish PSP ARPG
posted by ひろし at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム四方山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110804982
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック