2017年04月01日

チェインクロニクルの終わり方

PS Vitaで配信されていた基本プレイ無料のソシャゲ、チェインクロニクルVが5月12日にサービス終了することが先月発表されました。
第2部最終章のアップデートと同時の終了発表でしたので、大団円とは言わないまでも有終の美は飾れた感じと言えましょう。

当ブログでは、昨年1月にグローバル版チェインクロニクルの終了を記事にした際に色々なバージョンのチェンクロの動向をまとめたましたが、その後1年の間に次々と別バージョンのチェンクロのサービス終了の報も入ってきまして、その都度同記事内に終了時期を追記してきました。
その流れをここで一度おさらいしますと、最初の終了は2016年2月のグローバル版で、5月には韓国版、9月には中国版がそれぞれサービス終了しました。
そして今回のVita版の終了を受けて、今からでもプレイ可能なチェンクロは本家日本のスマホ版「チェインクロニクル3」と、台湾版「鎖鏈戰記」の2種類です。

ところで、往々にしてソシャゲというものは基本システムであるガチャをはじめ行動する度に消費するAPなどでプレイングに制限をかけ、有償アイテムを使うことで制限を緩和/突破させるデザインになっています。
しかし終了を宣言したソシャゲはこれらの制限を「サービスが成り立たなくなるほど」緩和するのが慣例化しています。商売的に利のある行為なのかは不明ですが、プレイヤーからすれば今まで出来なかったような無茶な遊び方ができる、一種の"お祭"状態になっているとも言えます。

また、今日日ソシャゲが海外展開することは珍しくありませんが、チェンクロのそれは 国毎に運営会社が違う という風変わりな特徴を持っています。なので、前述の終了前の緩和の仕方にも色々差が出てくるわけです。
と言うわけで今回の記事では、これまでに終了してきた様々なチェンクロの、サービス終了発表後から終了までの"お祭"を比較してみようと思います。少々悪趣味な話ですが、おつきあい下さる方は続きからどうぞ。



続きを読む
posted by ひろし at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム四方山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする