2016年01月30日

Chain Chronicle Global 移植キャラ紹介

性懲りも無く Chain Chronicle Global (以下CCG)のキャラクタ紹介記事です。オリジナルキャラ紹介記事その2に続き早くも3回目です。
いやお前、前の記事でCCG終了って書いてるじゃねーか、とお思いの方もおられるでしょう。実際前記事通りCCG終了宣言されたのです。ですが、その直後から2週連続で他国版のチェンクロキャラを移植しガチャフェスを開いているんですよね、これが。
既に Prysma の販売も終わっているので収益は無く、恐らく作った資源の有効利用という位置づけなのだと思いますが……。終了後の返金額を減らしたい思惑もあるのかも知れませんが。

また、既に新規プレイもできないこのゲームの、しかも移植キャラなんか紹介して何になるのかとお思いの方もおられるでしょう。実のところ私も最初は無視するつもりだったのですが、これまで参考にさせて貰った攻略Wikiが、CCG終了宣言を機に本家(日本版)チェンクロの英語Wikiに転向すると宣言し、アルカナ一覧からCCGキャラを消してしまったのです。
私のスタンスとしては過去のゲームでも情報のアーカイブはされるべきだと思うのですが、Wiki運営者の判断ですから文句は言えません。がしかし、こうなるとウチの紹介記事たちに割とアーカイブとしての意味が生じてきたようにも思えるわけです。
また移植キャラとはいえ、これまでの慣例(G→台・中、韓→Vなど)からすると移植キャラはほぼ確実に性能変化が伴うので、CCGにおける扱いを記録しておくことは無意味ではありません。ついでに元と比較もできて二度おいしい。

そんなわけで、どうせ後ちょっとで終わるゲームなのでせっかくだから当ブログでのCCGオリジナル全キャラの情報集積を目指して記事化してみよう、というのが今回のモチベーションです。
なお、頼りになるWikiもないので今回ほとんどの数値は自力調査に基づきます。自由研究カテゴリにしようかとも思いましたが、これまでとの整合をとるためあくまで紹介記事としました。

そんなわけで続きからはこれまで同様のスタイルで移植キャラ紹介と参ります。チェンクロをプレイされない方には何のこっちゃな記事ですので、スルーをお願いします。また、今回は台湾、韓国版チェンクロプレイヤーの人には特に楽しめる内容になっている、かも知れません。



read more
posted by ひろし at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

Chain Chronicle Global はなぜ光をつかめなかったのか

(2/10 ニュースサイト記事リンクまわりの文を少し改訂しました)
gcn.jpg
ここのところの当ブログ一押しゲームでありました海外版チェインクロニクル、Chain Chronicle Global(以下CCG)ですが、今週月曜に2016年2月29日をもって終了することが発表されてしまいました。
プレイヤーとしては寂しい限りですが……これもソシャゲの習い、全者必衰の理です。
思えば第2部(以下V2)実装以降の慢性的なバグ、大型イベントに伴う毎回の大型バグ、そして1月からの無イベント期間と、「さもありなん」と思わせる要素がアリアリでした。

それにしても様々な国で展開中のチェンクロの中で最後発CCGが真っ先に終了してしまうというのはちょっと悲しいものがありますね。以下、2016/1/23現在の私の確認できる範囲のチェンクロ一覧です。
・本家「チェインクロニクル」セガネットワークス 2013年7月〜
 現在2部7章 4月に第2部完結 第3部製作決定

・韓国版「체인 크로니클」運営会社不明(どの文字列が社名か分からない……) 2014年3月〜2016年5月
 現在進捗不明(V2.0.2) 最近ニュースがだいぶ少なめ(というかサーバーメンテナンス情報しか出してない……?)
(4/13追記:6/1サービス終了のアナウンスが出たので終了時期を追記しました)

・中国版「锁链战记」盛大游戏 2014年5月〜2016年9月
 現在2部3章 グローバル版アルカナが移植されるなど割と台湾版に近い感じ?
(10/21追記:9/15にサービス終了していたので終了時期を追記しました)

・台湾版「鎖鏈戰記 ChainChronicle」Mobimon 2014年7月〜
 現在2部4章 本家に忠実にアップデート(オートバトル無し) オリジナルキャラ、コラボが多い印象

・PS Vita版「チェインクロニクルV」セガネットワークス 2014年7月〜2017年5月
 現在2部3章 本家を追っているが実装の順序は独特 ハードウェア的な制限がキツい
(2017/3/13追記:2017/5/12サービス終了のアナウンスツイートが出たので終了時期を追記しました)

・グローバル版(CCG)「Chain Chronicle」Gumi 2014年11月〜2016年2月
 現在2部2章 オートバトルあり オリジナルコンテンツ・システム多し
このように移植版は本家からだいたい1年遅れで始まり、同じくらいのペースで進行してきています。

これらの中で、何故CCGが真っ先に終了したのでしょうか?
それはもちろん収益が悪かったからに決まってますが、何故悪かったのか。GumiはCCGに先立ち12月にBig hero 6というゲームのサービス終了を宣言しており、現行のソシャゲの整理にかかっている事がうかがえます。一方でCCGプレイヤーにブレフロへの移行を勧めるなど、ソシャゲ事業自体は続ける模様です。
海外ニュースサイトのインタビュー記事に拠ると、CCGの終了はGumiが決定したものであり、その理由はリソースを同年中に開始する英語版 Phantom of The Kill に集中するため、としています。他社の移植よりも自社コンテンツ、と言うわけですね。
ともかく今回の件に関し良く言われる「欧米でガチャ課金はウケないから」は理由として的外れな訳です。それに続くゲームと終わるCCGの差が何処にあるかがやはり気になります。かといってソーシャルコンテンツの提供に関わったことすらない人間が利いた風な口で内部事情を推し量るというのも愚の骨頂です。

そんなわけで、プレイヤーから見える範囲でCCGにあった問題点を挙げてみようかなというのが今回の記事です。タイトルに反して明確な原因究明ができているわけではありません(つーかそんなことできない)が、おつきあい下さる方は続きからどうぞ。



続きを読む
posted by ひろし at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム四方山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

第5世代の逆襲

本日はちょっとゲームから離れてApple社のデバイスの基本ソフト、iOS のお話を。
私は iPod touch を愛用しており、現在第5世代と呼ばれる物を使用しています。
使うと言っても主な用途はメール、ブラウザ、写真撮影/閲覧、テキストメモ、古いオフライン地図、やる夫スレまとめ閲覧、そして限られたゲームだけなので、基本的にOSアップデートはせずにおりました。おかげで iOS のバージョンは 5.1.1 のまま2016年を迎えるという体たらく。

しかしここに来て副業の関係でアップデート必須なアプリが必要となり、一念発起して OS アップデートを試みた訳です。
iOS のアップデートと言えば常にバグや動作の鈍重化がついて回って評判が良くないものですが、大概それはメジャーバージョンアップに伴うもので、マイナーVUの繰り返しで解消されていきます。もしくは、ユーザーが慣れていって無問題化します。
しかし、ネット上に残る情報はメジャーVU時の混乱と酷評がほとんどで、解消された問題については常にその情報を追っている人くらいでないと把握できないんですよね。

今回もその例に漏れず、iOS 5.1.1 から現在最新の 9.2 にアップデートした際、動作の重さや操作の快適さがどうなるかについて明確な答えは得られませんでした。
かろうじて分かったのは最新版以外にはアップデートできないという事実のみ。それでもダウングレードや非公式OS(所謂 jail break)に関する情報ばかりが蔓延しています。私も若い頃、第2世代 touch で色々調べて脱獄したりしてましたが、もうそーいうのを追い求める情熱もありませんしねぇ……。

そういうわけで例によって情報が無いならやってみようの精神で、今回第5世代 iPod touch の 5.1.1 と 9.2 の動作速度を比較してみたので記事にしようかと思います。ついでに 8.4.1 も経由できたので、豪華?3バージョン比較です。
まー比較と言っても正直体感ではあまり差が分からなかったので、ここのところのプレイ中のゲームアプリ Chain Chronicle Global での読み込み時間で比較しました。何だやっぱりゲームの話か、と思われるかも知れませんがここゲームブログですし、一応。

と言うわけで続きは比較条件と結果です。
なお、動画で比較〜とか気合いの入ったことはせずフツーの時計でフツーに計った数字を並べているだけですので、詳細で正確な情報を求めている人や個人ブログなど信用できないという人には見るだけ無駄ですのでお帰りください。



続きを読む
posted by ひろし at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | じゆうけんきゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする