2015年10月11日

東亰ザナドゥ (3)

東亰ザナドゥのプレイ記、第3回です。
1回目にも書きましたが、主人公コウらが所属する杜宮学園(高校)2-Bは、机の数からすると30人学級です。クラスはAからDまであるので、単純に2年生の数は120人くらいと考えられます。
しかし文献(杜宮ジャーナル)によりますと、今年の杜宮学園の新入生は158名。1年生もD組までしかないので、教室の中は見られませんが40人学級になっている可能性がある訳です。

というか、1年間でいきなり募集人員を3割増やしたんでしょうか。教員も人手不足的な発言もありましたし、ちょっと無理がある気がします。
まぁ、作中では10年前に死者行方不明者が3万人にせまる大災害が東亰で起こっているわけですから、人口の変化が多少ダイナミックになっている可能性も考えられます。多少復興が進んだ頃に修学直前の子供連れが東亰に転居するとかして、それがちょうど1年生世代という可能性もなくはありません。
が、1年違うだけでそんな明確に差が出るわけありませんし、そもそも杜宮学園はコネ入学とかがあるところ見ると私立高校のようなので人口増に合わせて定員を増やす必要もないんですよね。

すると考えられるのは現2年生も入学時点では160名近く居たけれど、杜宮学園のカリキュラムが厳しくて1年間で40人ほど退学したという説ですね。和気藹々とした学園生活の中で、熾烈な生き残り競争があるのでしょう。
なんか日本一の財閥の息がかかってるみたいですし、関連大企業への就職が有利になったりするんじゃないでしょうかね。よく分かりませんが。
これの説を後押しするヒントがトワ先生が整備していた端末室にあります。情報処理の講義をする特別教室で、コウらもその内利用することになるそうなのですが……。
用意された机と端末の数は、なんと24。情報の授業が2年の2学期からか3年からかは不明ですが、それまでに6人が脱落することは既定事項のようです。お、恐ろしい高校だ。
果たしてコウら仲良し4人組は無事揃って卒業できるのでしょうか……?


さて、続きはネタバレ込みのプレイ記です。今回は第4,5話の内容に触れます。そろそろ中盤ですので展開をご存じない方はご注意ください。


続きを読む
posted by ひろし at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

東亰ザナドゥ (2)

引き続き東亰ザナドゥのプレイ記、第2回です。
前回キャラクタについてあまり触れてこなかったので今回は主人公のコウ印象について。
ゲームの進行が軌跡シリーズを踏襲しているので、今作の主人公も男女くまなくモテる(絆システム)し、人助けを進んでする(クエスト)し、ミッションや授業では知的な面を見せる(智の評価)わけです。オマケにトラウマ持ち。
これだけ書くとのロイドとのリィンとほぼ同じキャラじゃねーか(実際この二者はほぼ同じ性格)と思われそうですが、流石に3度目は少し捻ってきています。
性格は無気力というわけではないですがあまり積極性がなく、クエストをこなすのはバイトの延長で頭が上がらない人がいるのでやってる訳です。でも要所ではちゃんと主人公らしく締めます。
アレですね、ラノベの主人公っぽい感じですね。はしゃぐ友人をやれやれとかわし、腐って事件に巻き込まれた相手には解決してやって説教。そしてモテると。

ちなみに現代の若者らしい味付けとして、目上への敬語は全て「〜ッス」で通す口調があります。歴戦のバイト戦士なので目上の知り合いは多いのに。まー高校生だからアリだとは思いますが、大人が誰もとがめないのがどうかなーと思います。
それ以外のセリフも前二作の主人公らに比べると少し粗野気味ですが、高校生と考えれば丁寧すぎるくらいなのでこれはこれでOK。
というかモブも含め、2015年の高校生感のある言葉遣いがないんですよねー。不快はダルイ、要望はワンチャン、相づちはマジ、えーと他には……キモイとかイケテルとかはちょっと前の世代ですよね。先に挙げたのも既に廃れてたらどうしよう。
あとは、意に沿わぬ話になったら黙り込んで後で(あるいはその場で)SNSに愚痴る、ってのが若者らしい所作ですよね(超偏見)。
まーそればかりじゃ話が進まないから創作的に分かりやすい会話をするのは必要でしょうけど、こういった対応をするNPCが居ても良いと思うんですがねぇ。
折角NiARなんて作中SNSを出してるんだから、フリー掲示板みたいなゲーム進行上意味の無いページを作っといて、話しかけても無言だけど掲示板に愚痴が書き込まれるNPCとか居ても良ても面白いと思うんですが。

与太話が長くなりましたが、続きはネタバレ込みのプレイ記です。今回は第2,3話の内容を含みます。


続きを読む
posted by ひろし at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

東亰ザナドゥ (1)

日本ファルコムより今週発売されましたPS Vita用アクションRPG、東亰ザナドゥをプレイしました。
完全に新規のゲームに往年の名作のタイトルをくっつける、まぁファルコムらしいやり方ですね。ザナドゥと言えば私の青春……以前の幼年期に訳も分からずプレイしたゲームですが、それを含めて以降のその名を借りた別ゲー(風伝、ネクスト)は全てプレイ済みです。あ、ファザナドゥはやってません。
ファルコムにしては珍しい現代日本を舞台にしたRPGとのことですがキャラやスクリーンショットの雰囲気は非常に前作閃の軌跡(II)に似通っています。さて、どうなりますやら。

続きはネタバレ込みのプレイ記です。と言ってもまだ序盤なのでほとんど感想的な内容ですので何の問題もないと思いますが、未プレイの方はご注意下さい。


続きを読む
posted by ひろし at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする